西信貴ケーブル 車体補修で今夏のべ2ヶ月運転休止 国内ケーブルカーで異色の存在

開業90年の由緒あるケーブルカーです。

信貴山連絡バスも運休に

Large 210519 shigi 01
近鉄・西信貴ケーブル。山側に貨車を連結している(2010年2月、恵 知仁撮影)。

 近畿日本鉄道は2021年5月19日(水)、生駒山系の高安山・信貴山への大阪府側からのルートとなる西信貴ケーブル(信貴山口~高安山)について、今夏にのべ2ヶ月間、車体補修工事のため終日運転休止すると発表しました。

 休止期間は2021年6月16日(水)~7月16日(金)および8月17日(火)~9月16日(木)の計61日間です。

 休止中、高安山駅と信貴山門を結ぶ近鉄バス信貴山上も運休します。近鉄では代替ルートとして、近鉄生駒線の信貴山下駅から信貴山門行きの奈良交通バスの利用を案内しています。

 西信貴ケーブルは約90年前の1930(昭和5)年に開業。戦争激化により一時休止となるまで、高安山駅から信貴山門まで電車が走っていたこともありました。

 なお、西信貴ケーブルは全国でも珍しい、「貨物車を併結したケーブルカー」となっているほか、途中に2か所の踏切があるケーブルカーとしても知られています。

【了】

【超レア「ケーブルカーの貨物車」&超レア「ケーブルカーの踏切」】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント