ANA「旅客機で結婚式」 異例の“式場”の様子は? コロナ禍の「斬新企画」実現の経緯

新型コロナで苦境が続く航空業界。ANAでは今春の機内食レストランを契機に、駐機中の旅客機を活かす取り組みを進めています。今回公開されたのは、機内で挙式を行うといったもの。機内の様子や実施背景はどういったものだったのでしょうか。

2021年春から活発化ANA「駐機中の旅客機でイベント」

 新型コロナウイルス感染拡大で国際線航空便の大幅な運休・減便が続く航空業界。そのようななか、航空会社それぞれが新たなサービスを展開しています。

 ANAではコロナ禍の期間、総2階建ての超大型機エアバスA380「フライングホヌ」を用いた遊覧チャーター便をはじめ、機内食やCA(客室乗務員)がドリンクサービスを実施する際に使用する新品カートをネットで販売するといった新たな取り組みを次々に展開。なかでも同社で2021年の春頃から活発化しているのは、駐機中の旅客機を使った企画です。

Large 210523 wedding 01

拡大画像

報道公開された「THE WEDDING with ANA ~機内ウェディング~」の様子(2021年5月23日、乗りものニュース編集部撮影)。

 その皮切りとなったのが、3月末から実施されている「翼のレストランHANEDA」です。これはANA国際線用の旅客機を、羽田空港に駐機中のまま機内食を提供するレストランとして“営業”するといったもの。これは4月以降も継続実施されることになったほか、成田空港に駐機する「フライングホヌ」でも、同じ趣旨のイベントが実施されるようになりました。

 そしてもうひとつ、駐機中のANA国際線用旅客機を用いた新たな取り組みが、2021年5月からスタートしました。「THE WEDDING with ANA ~機内ウェディング~」と銘打たれ、ハセガワエスティと共同で実施されたこの企画は、駐機状態の機内で結婚式を実施するといったものです。ANAによると、この企画に携わった同社のスタッフは100人以上。5月23日(日)には、その様子が報道陣にも公開され、そのとき挙式した新郎新婦は「夢のようで、最高の時間だった」と感想を話します。

 機内ではモデルプレーンの両翼からそれぞれの指輪を取り出すといった、機内ならでは指輪交換が実施されたほか、立会人代表としANAのボーイング777型機の機長が証明書を渡し、スピーチを実施。式の後半には、ANAのCA(客室乗務員)による「寿アナウンス」が行われています。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント