羽田駐機中のANA機が「高級レストラン」に! コロナで実現「開店初日」の機内の様子は

新型コロナで国際線の運航が平時のように飛ばせないなか、ANAが駐機中の旅客機をレストランとして活用する取り組みを始めています。その「オープン日」の機内の様子や企画の意図などを取材しました。

確かに「ご飯」としてはお高いが……

 新型コロナウイルス感染拡大下で国際線の航空便が大幅に減少するなか、ANA(全日空)は旅客機を新たなサービスの場所として使用する取り組みを始めています。

 2021年3月31日(水)、羽田空港で実施されたのは、平時は主に長距離国際線で使われている旅客機のボーイング777-300ER型機(機番:JA782A)を地上で駐機したまま、「レストラン」として食事の提供や同社のサービス体験の場として活用するイベント「翼のレストラン HANEDA~地上でファースト・ビジネスクラス体験~」です。

Large 210331 tsubasa 01

拡大画像

ANAが実施した「翼のレストラン HANEDA」の様子(2021年3月31日、乗りものニュース編集部撮影)。

 長距離国際線のビジネスクラスやファーストクラスは、航空便で利用すると高額な運賃が必要です。たとえば、4月8日(木)の羽田発フランクフルト行のANA便で、ビジネスクラスの航空券を購入する場合、検索エンジン「Google」では53万円ほど(検索は3月31日時点)。もちろん買い方によってはこれより値段を抑えられるものの、多くの人にとっては「気軽に手を出すことができない値段」であることは確かでしょう。

 一方、今回の「翼のレストラン HANEDA」の値段は、ファーストクラスが5万9800円、ビジネスクラスが2万9800円です(いずれも税込)。これらも「気軽に……」とはいかない価格帯ですが、「実際のフライトよりははるかに低い価格帯で、ANA上位クラスの食事やサービスを受けることができる」ということもあり、販売開始から数日で完売となっています。

 今回使われた飛行機のJA782Aは、平時はロサンゼルスやサンフランシスコなどの北米路線、ロンドンやフランクフルトなどの欧州路線を飛んでいる現役の国際線主力機です。計264席のうち、ファーストクラスは8席で、ビジネスクラスは52席が設定されています。

【写真で解剖】ANA「旅客機レストラン」の機内や様子

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント