「JALは超音速旅客機導入する?」 米ブームに出資のJAL 回答は? コロナ禍の株総問答

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、過去最高の赤字計上を余儀なくされたJAL。その株主総会では株主と、赤坂社長をはじめとするJAL役員とのさまざまな問答が繰り広げられています。

赤坂社長「事業構造の改革を進める」

 JAL(日本航空)が2021年6月17日(木)、第72期定時株主総会を開催しました。新型コロナウイルス拡大下によって「業界全体が事業面・財務面で甚大なダメージを受けており、今後のマーケットでは、航空需要の構造や消費者行動に大きな変化が生じています」と話すのは、同社の赤坂祐二代表取締役社長です。

Large 210617 jal 01

拡大画像

コロナ禍で駐機状態のまま並ぶJALの飛行機(2021年、乗りものニュース編集部撮影)。

 赤坂社長は「ウェブ会議の浸透などでビジネス需要が元には戻らない一方で、人の移動がなくてはならない観光・訪問需要は今後も着実に成長していくものと考えられております。こうした想定のもと、当社は今後、事業構造の改革を行ってまいります」と話します。コロナ禍によって岐路に立たされたJALに、株主からはさまざまな質問や意見が飛び出しました。以下は一部問答の要約です。

――生産人口が減っているなか、航空機整備に携わる人材は確保できるのでしょうか。自動化はどのような方向で進めているのでしょうか。

「航空整備に携わっていた立場からすると、従来の旅客機は壊れてから整備していました。ところが、最近の新鋭機は、データ解析を利用して故障する予兆をとらえ、事前に手を打つ方法が主流になってきています」(JAL赤坂社長)

「テクノロジーは進化しており、ITを使ってデータを収集し、関係者に共有する仕組みも進んでいます。ただ、航空機整備がやりたいと思う人材は重要ですので、今後も整備の魅力を広める取り組みを続けたいです」(JAL田村 亮整備本部長)

JALも出資 ブームの「超音速旅客機」などをさっと見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント