ホンダ F1で1991年以来の4連勝 シュタイアーマルクGP レッドブル・フェルスタッペン優勝

日本人ドライバー角田裕毅選手(アルファタウリ・ホンダ)は10位完走。

レッドブル・レーシング・ホンダは通算10勝目

 世界最高峰の自動車レースといわれるF1(フォーミュラ1)の第8戦シュタイアーマルクGP(オーストリア)の決勝が6月27日(日)に行われ、ホンダがエンジン供給を行っているレッドブル・レーシング・ホンダのマックス・フェルスタッペン選手が優勝しました。

 フェルスタッペン選手は前戦の第7戦フランスGPに続き、2戦連続でのポール・トゥ・ウイン。レッドブル・レーシング・ホンダは第5戦のモナコGP以降、4戦連続で優勝を獲得しています。

Large 210628 hondaf1 01

拡大画像

シュタイアーマルクGPで優勝したレッドブル・レーシング・ホンダのフェルスタッペン選手(画像:ホンダ)。

 ホンダがF1で4連勝を果たすのは、マクラーレン・ホンダ時代にアイルトン・セナ選手がアメリカGP、ブラジルGP、サンマリノGP、モナコGPと4連勝を果たした1991(平成3)年以来、30年ぶりとなります。

 次戦のオーストリアGPは、今回と同じくレッドブル・リンク・サーキットを舞台に7月2日予選、4日決勝の予定です。

【了】
※一部修正しました(6月28日14時50分)。

【懐かしい!】30年前ポール・トゥ・ウインをとった時のアイルトン・セナ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. 次週はひとまわり柔らかいタイヤセットでの開催。
    どう変化があるのか楽しみ。

  2. すごいな

  3. 次はFormula Eへの参入も目指そう!世は電動ですよ。