パスポートのスタンプ欄すぐ埋まっちゃう? 国際線の乗務員 出入国どうしてるのか

国際線のCAやパイロットは、様々な国へ頻繁に出入国します。そのたびにパスポートにスタンプを押していたら、すぐにいっぱいになってしまうのではないでしょうか。この疑問に、元CAの立場からお答えします。

10年用でもページが足らない!?

「CAってパスポートのスタンプ、すぐいっぱいにならないの?」

 一般の旅客は出入国する際、パスポートに都度スタンプを押してもらいますが、様々な国へ頻繁に出入りするCA(キャビンアテンダント)など国際線の乗務員はどうしているのでしょうか。

Large 210629 passp 01

拡大画像

国際線の旅客機が集う羽田空港第3ターミナル(乗りものニュース編集部撮影)。

 ここで出入国手続きのスタンプについておさらいしてみます。まずは出国の際、国際空港の出国審査カウンターで係員にパスポートと搭乗券を提出し、パスポートの査証ページには日本を出国した印として日付と空港名、「出国」と書かれたスタンプが押されます。そして旅行先の国に着いたら、今度は入国カウンターでパスポート、帰りの航空券、出入国カードなどを提出して、「入国」のスタンプをもらいます。日本に帰る時にはその逆のことが行われます。

 国によっては、出入国カードが無い、スタンプが押されないなどの場合もありますが、この出入国の手続きはどの国に行ってもたいてい同じように行われます。つまり単純往復で旅行した場合、計4つのスタンプが押されるというわけです。

 さて、冒頭の質問に戻ります。CAやパイロットも出入国の際、同じように審査を受けてパスポートにスタンプをもらっているのでしょうか。もし押されているとしたら、多ければ月に8~10往復ほど出入国したとして、10年用パスポートでもあっという間にページが埋まってしまいそうです。

 実はCAなど乗務員は、一般の旅客のようにスタンプはもらっていません。

【実物の写真】日本ではまず見ない北朝鮮パスポート

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント