圧巻!「日本最大級の油圧ショベル&ダンプ」国内で運用開始 桁違いスペックをとくと見てきた!

日立建機が開発製造する日本最大級の油圧ショベルとダンプトラックの同時納入が栃木県でありました。普段目にする重機とは段違いの大きさを誇る車両を、運転席を含む細部まで探ってきました。

国内初! 500t超え大型油圧ショベルとダンプの同時納入

 日本国内では“規格外”の超巨大な「はたらくクルマ」が、栃木県にお目見えです。日立建機と販売子会社の日立建機日本が、砕石メーカーである株式会社藤坂(栃木県佐野市)に、560tクラスの超大型油圧ショベル「EX5600-7」と、電気モーター駆動方式のリジッドダンプトラック「EH3500AC-3」の鉱山用機械を同時納入し、2021年7月15日(木)より藤坂の音坂工場で運用が始まりました。

 日立建機グループで、500tを超えるクラスの超大型油圧ショベルとダンプトラックを同時納入するのは、日本国内では初めてのケースとのこと。そこで納車式典を取材してきました。

Large 210715 hitachi 01 1

拡大画像

日立建機製の超大型油圧ショベル「EX5600-7」(2021年7月15日、柘植優介撮影)。

 砕石は道路や生コン用の材料として使われ、社会インフラに欠かせない素材。藤坂は、長年にわたり国内最大級の生産量を維持し続けている砕石メーカーです。今回納入された超大型油圧ショベル「EX5600-7」とリジッドダンプトラック「EH3500AC-3」は音坂工場内の砕石プラントにおいて、砕石の掘削や運搬に使用されます。

 日立建機によると、「EX5600-7」は日本国内で稼働するのは初めて、「EH3500AC-3」は国内で3台目だそう。そのような希少な車両ということで、当日は納車式典に引き続き、デモンストレーションの披露や実機の紹介まで行われました。

【圧巻!】国内最大級の油圧ショベルとダンプカーの動く様子

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント