圧巻!「日本最大級の油圧ショベル&ダンプ」国内で運用開始 桁違いスペックをとくと見てきた!

どうやって搬入したのコレ…?

 このような巨大な2車が動く姿は圧巻のひと言。もはや車両ではなく大型ロボットが動いているかのようでした。

 藤坂の山野井社主からは、「現場の生産性をより向上させるために超大型重機を入れることにしました」「日立建機さんの重機は非常に壊れにくいことから、そこを重要視して採用しました」とのコメントがありました。

Large 210715 hitachi 03

拡大画像

日立建機製の超大型油圧ショベル「EX5600-7」(2021年7月15日、柘植優介撮影)。

 なお、日立建機日本の担当者の話では、これら超大型の重機は、パーツごとに分解して現場まで運び、そこで組み立てて使用するとのこと。そこで組立にかかった日数を聞いたところ、超大型ダンプ「EH3500AC-3」で約1か月、超大型油圧ショベル「EX5600-7」に至っては倍の約2か月かかったといいます。

 その大きさも別格でしたが、運用開始までにかかる日数にもまた驚かされました。

【了】

【圧巻!】国内最大級の油圧ショベルとダンプカーの動く様子

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント