小田急百貨店 新宿店本館での営業2022年9月末に終了 再開発で 工事中は西口ハルクへ

跡地には地上48階の超高層ビルが建設予定です。

「新宿駅西口地区開発計画」の一環

Large 210716 eiden 01

拡大画像

新宿店本館の外観。左は新宿西口ハルク(画像:小田急)。

 小田急百貨店が2022年9月末をもって、新宿店本館での営業を終了する予定です。これは、東京メトロなどと共同して推進する都市再生プロジェクト「新宿駅西口地区開発計画」に伴うものです。

 2022年10月以降の工事期間中は、「新宿西口ハルク」で営業します。なお移転に向けた改装工事は、同年春ごろから開始されます。

 改装後は「食品」「化粧品」「インターナショナルブティック」を中心とした売り場構成となる予定です。その他の詳細は決定後に告知されます。

 なお新宿店本館跡地には、地上48階、高さ約260mの超高層ビルが建設されます。着工は2022年10月以降、竣工は2029年度の予定です。高層部にはハイグレードなオフィス機能を、中低層部には商業機能を備えるとしています。

【了】

【地上48階、高さ約260m】新宿店本館跡地に竣工予定の超高層ビル

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. この低成長下に輪をかけるようにコロナが襲っても計画を縮小しないとは驚き。大手の不動産専業と違って外した場合に他でカバーしにくいのではないか。

  2. 西口のハルクは現在の新宿駅の姿になる前の小田急百貨店本館だから、一時的とはいえ半世紀前の姿に戻るわけだな。

    だが、小田急の株価が上がる要因にはならんだろうな。