アニメで人気再燃「スーパーカブ」のいま 誕生約60年で不動の累計1億台 何がいいのか

発売から60年弱で累計販売台数1億台という記録を打ち立てたホンダの原付、スーパーカブ。2021年にはスーパーカブを題材にしたアニメが放送され、人気が再燃しています。愛され続ける魅力は一体なんなのでしょうか。

アニメ効果で人気が再燃中のスーパーカブ

 2021年4月から6月まで放送されたアニメ『スーパーカブ』。その名のとおり、ホンダの二輪車「スーパーカブ」を題材に、両親も、友達も、お金や趣味も、将来の目標も持たない高校2年生の少女・小熊が、中古のスーパーカブを買ったことで生活が変わっていく……というストーリーのアニメです。

Large 210708 supercub 01

拡大画像

スーパーカブの現モデルのひとつ「スーパーカブ50」(画像:ホンダ)。

 ホンダが車両デザインの協力・監修を担当し、スーパーカブの描写力の高さが放送のたび話題に。SNSでは、アニメ視聴者たちによる「スーパーカブ欲しくなってきた」「カブ買う」などの書き込みも見られました。

発売から約60年かけて販売1億台を突破

 スーパーカブの初代モデル「スーパーカブC100」が誕生したのは1958(昭和33)年です。ホンダ創業者の本田宗一郎氏のもと、「誰でも扱えるバイク」を目指し開発されました。

「C100」は当時の小排気量車で主流だった2ストロークではなく4ストロークを採用、さらに高燃費で耐久性も高いという実用性が支持されます。日本の年間オートバイ総販売台数が30万台程度の時代に、発売から5か月で2万4千台、翌年には16万7千台も売れる爆発的なヒットとなりました。

 ちなみに、「C100」の価格は5万5000円。サラリーマンの初任給が8,500円程度という時代でした。

【あらオシャレ 現行カブシリーズを画像でチェック!】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 電動カブ出ませんかね

  2. CT125はC100じゃなくてCT110の現代版じゃなくて?