サイクル列車「B.B.BASE」9月から指定席発売へ みどりの窓口でも購入可に

輪行に慣れた人にとって気軽に乗りやすい列車となります。

自転車持ち込みは輪行バッグで

Large 210721 bb 01
209系電車を改造した「B.B.BASE」。自転車をそのまま搭載できる(2017年12月、恵 知仁撮影)。

 JR東日本は2021年7月27日(火)、サイクル列車「B.B.BASE」について、9月から一部車両の座席を指定席としてみどりの窓口や券売機などで販売開始すると発表しました。

「B.B.BASE」は2018年1月に運行開始した観光列車で、209系電車をベースに、自転車旅行に便利な設備となっています。両国駅を発着し、房総地方の各方面を中心にコースが設定されています。

 これまでは全車両がびゅう旅行商品のプランに組み込まれていましたが、利用者の要望に応える形で、6両のうち2両(1号車と2号車)を指定席として販売することに。みどりの窓口や券売機、「えきねっと」などで購入することができます。

 なお、サイクル列車ではなく一般の車両として扱われるため、この2両にある指定席を購入し自転車を持ち込む際は、他の列車と同様、解体し輪行バッグに入れる必要があります。

 2021年9月の「B.B.BASE」は土休日に計8往復運行。両国を発着し、鹿島神宮、銚子、和田浦・館山、安房鴨川へ向かう4コースが設定されます。

【了】

【9月の「B.B.BASE」運行スケジュールとルート】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント