西九州新幹線の車両デザイン決定 白い車体に赤を配色 内装はクラシック&モダンなど

列車名「かもめ」は毛筆の書体です!

武雄温泉~長崎間で2022年に開業予定

Large 210728 eiden 01

拡大画像

西九州新幹線「かもめ」のエクステリアデザイン(画像:JR九州)。

 武雄温泉~長崎間で2022年に開業を予定する西九州新幹線の車両デザインが、2021年7月28日(水)に決定しました。

 エクステリアデザインは、白い車体にJR九州のコーポレートカラーである赤を配色。車体にシンボルマークやロゴを配置し、列車名「かもめ」は毛筆の書体です。

 インテリアデザインは、「優しい、明るい、楽しい、心地良い、美しい」をテーマに色、形、素材をセレクト。和洋折衷のほかクラシックとモダンが組み合わされた、懐かしくて新しい空間が表現されています。

【了】

【シンボルマーク&各号車インテリア】デザイン詳細を見る

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント