「ツインターボ」がTwトレンドに 「なんだ新型フェアレディZのことか」 何に反応?

新型フェアレディZの市販モデルが発表され、SNSでも話題に。そうしたなか、新型にも採用されている「ツインターボ」が、一時ツイッターのトレンドワードになりました。ただ、クルマではない「ツインターボ」を思い浮かべた人も多いようです。

「ツインターボ」懐かしい? クルマ好きにも、そうでない人にも

 日産が新型「フェアレディZ」を2021年8月18日(水)に北米で発表しました(現地名「Z」)。昨年にプロトタイプが発表されたなかで、満を持して登場した7代目の市販モデル。SNSでも話題になっています。

 今回、「Z」の詳細スペックも発表され、エンジンは排気量3000cc、6気筒のツインターボで、400馬力を誇ることが明らかに。そうしたなか、ツイッターでは「ツインターボ」なるワードが一時トレンド入りしました。

Large 210818 z 01

拡大画像

新型「Z」(左)と、ツインターボを搭載していた1990年代のフェアレディZ 300ZX(画像:日産)。

 ただこのトレンドワードに対して、「なんだ、新型『Z』のことか」との反応も多数見られます。

 というのも、現在話題のアニメ『ウマ娘 プリティーダービー』に登場する「ツインターボ」というキャラのことだと思った人が少なくないようです。『ウマ娘』は実在した競走馬の擬人化キャラが登場する作品で、「ツインターボ」は1990年代に中央競馬で活躍、勝つときは圧倒的、しかし敗けるときは惨敗という極端さで人気を集めたそう。

 それこそ競走馬の「ツインターボ」が活躍したころ、クルマの「ツインターボ」は性能の売り文句のひとつでもありました。しかしスポーツカーの衰退とともに、言葉としてあまり聞かなくなっただけでなく、技術的にも、ハイパワーを実現するのに2つのターボチャージャーを搭載する必要はなくなっています。

 そうしたなか今回、フェアレディZは3代前のモデル以来となるツインターボ復活となりました。クルマファンと競馬ファン、そしてアニメのファンそれぞれが「ツインターボ」に反応したようです。

【了】

【ツインターボの新型「Z」 画像でたっぷり(76枚)】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント