珍景!街を低空飛行する世界最大モンスター機「An-225」 ウクライナ独立30周年を祝い

今日は日本の空もにぎやかでしたが、こちらもスゴイ!

高度1800ftで飛ぶ!

 2021年8月24日(火)、ウクライナが独立30周年を迎えました。同国ではこれを祝賀するパレードが行われており、この一環として世界最大の航空機であるアントノフAn-225「ムリヤ」が首都キエフ上空をフライトしています。

Large 01
アントノフAn-225「ムリヤ」(画像:Antonov Company)。

 An-225は、当時旧ソビエト連邦支配下にあったアントノフ設計局によって開発された飛行機です。当初は、ソ連版スペースシャトル「ブラン」の輸送のため開発されました。1991(平成3)年にソ連が崩壊し、ウクライナが独立した後は、紆余曲折を経て、その巨大な胴体を生かして貨物機として活躍することに。同機の離陸重量は640tで「世界最大の航空機」としてのギネス記録をもち、その全長は84m、全幅88.74mのサイズを有します。

 An-225は現地時間午前11時40分ごろ、キエフ中心地のキエフのメインストリート「フレシチャーティク通り」を通過しました。航空機追跡サイト、フライトレーダー24によると、フレシチャーティク通り付近を通過したときの高度は1800フィート(約550m)、対地速度は235ノット(約437km)とのことで、同機がこのパレードのために30分程度の短いフライトを実施したと記録されています。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント