西武「レッドアロー」「ラビュー」の先頭車ディスプレイモデルを発売 価格は33万円!

購入者特別イベントもあります!

30セット限定

 西武鉄道は2021年8月31日(火)、「西武鉄道001系・5000系先頭車ディスプレイモデル」を販売すると発表しました。

Large 210831 ho 01

拡大画像

西武鉄道が30セット限定で販売する「西武鉄道001系・5000系先頭車ディスプレイモデル」のイメージ(画像:西武鉄道)。

 本商品は、1970年度に鉄道友の会選定によるブルーリボン賞を受賞した5000系電車「レッドアロー」の先頭車と2020年度に同じくブルーリボン賞を受賞した001系電車「Laview(ラビュー)の先頭車を1/80スケールでモデル化したもので、素材は真鍮製。

 シリアルナンバーが刻まれたプレートが付いた専用のディスプレイケースとセットになっており、デビュー時の001系と5000系の車両パンフレット(5000系は復刻版)が付属します。

 価格は33万円(税込)で30セット限定。2021年9月21日(火)の午前10時から「西武鉄道オンラインショップ」で販売します。ひとり1セットまでの購入で、クレジットカードのみでの決済となります。

 また、10月31日(日)までに購入すると、車両基地内で「Laview」の運転席での記念撮影や、乗務員の業務体験(車内放送、ドアの開閉等)などの購入者特別イベントに招待されます。

 この「西武鉄道001系・5000系先頭車ディスプレイモデル」は、9月10日(金)から12日(日)までは所沢駅で、15日(水)から21日(火)までは西武池袋本店5階「キュリオシュタット」で展示されます。

【了】

【画像】付属する5000系と001系の車両パンフレット

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント