東京の地下廃駅 京成「旧博物館動物園駅」に独占潜入 時が止まったホームへ!【後編】

上野の山の地下にある廃駅、京成線の博物館動物園駅を独占取材。真っ暗闇のホーム連絡通路を渡った先には、ここならではの「壁画」が存在しました。

スカイライナーが「52分」時代を映す地下ホーム

 東京・上野公園の一角には、珍しい「地下の廃駅」が存在します。1997(平成9)年に休止(2004年廃止)となった京成本線の「博物館動物園駅」です。今回、京成電鉄の協力を得てその中へ、さらに、イベント時などでも公開していない地下2階のホームまで潜入しました。

Large 210904 hd 2 01

拡大画像

旧博物館動物園駅ホームを通過するスカイライナー。

【前編】では地下2階の改札ラッチ付近までの様子を紹介しましたが、その改札の横に、京成上野行き(上り)ホームが続いています。

 ふだん誰も足を踏み入れない空間だけあって、休止から24年のあいだに降り積もった埃で黒ずんでいます。しかし線路は、実際の営業列車が頻繁に通過していきます。

 壁の一画には、古いスカイライナーの宣伝用ポスターが残されていました。よく見ると、日暮里から成田空港まで「52分」とあります。いまは最短36分ですが、当時はまだ成田スカイアクセス線がなく京成本線経由だったため、時間がかかっていました。

 ホームは2面2線の相対式で、下りホームへは、線路をくぐる地下通路で連絡しています。狭く、真っ暗な地下通路を歩いているあいだも、轟音を響かせながら列車が行き交っていました。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント