電車へ自転車そのままin 日常に? 西武多摩川線で本実施へ 関東大手私鉄で初

時間帯も拡大します!

改札も自転車押してどうぞ

 西武鉄道は2021年9月21日(火)、7月から多摩川線(武蔵境~是政)にて実施している「サイクルトレイン」の実証実験を終了し、10月1日(金)より本実施に移行すると発表しました。

Large 210921 tamagawa 01
西武多摩川線のサイクルトレインが本実施へ移行する(乗りものニュース編集部撮影)。

 自転車をバッグなどに収納せず、そのまま電車内へ持ち込めるもので、首都圏の大手私鉄では初めてのサービス。実証実験中の利用件数は2000件を突破しており、トラブルや混乱もなく、安全性が確認できたといいます。

 また、「利用できる時間帯を拡大してほしい」といった利用者の声を受け、本実施では平日および土休日の利用時間を延長、土休日は終日にわたり可能になります。あわせて、「エレベーターは車いすご利用の方を優先するなど、バリアフリーにも配慮した運用とします」とのこと。

 実証実験期間中のアンケート調査では、8割の人が、5段階のうち最も評価の高い「5」としているほか、平均評価も4.67だったそう。「電車で行った先で自転車を使えるため移動が楽になった」「趣味の電車と自転車がひとつにできることが嬉しかった」といった声があるそうです。

 西武鉄道によると、今回の取り組みは自動車に比べてCO2の排出量が少ない電車と自転車を組み合わせることにより、国連が示すSDGsの取り組みとして環境保全にも効果が期待できるといいます。同社は、「サイクルトレインの運行を通して利便性を拡充することで、お客さまの生活に寄り添い、魅力的な沿線の実現を目指していきます」としています。

【了】

【時間拡大!】サイクルトレイン実施概要&利用の一部始終

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント