空自ブルーインパルス 10月23日に山形県で展示飛行 庄内空港30周年記念

スモークは使うのか気になります。

6機で展示飛行する予定

 航空自衛隊のアクロバットチーム「ブルーインパルス」が2021年10月23日(土)、山形県庄内地方周辺において展示飛行します。

 今回の飛行は山形県酒田市にある庄内空港の開港30周年を記念し、併せて、地域で新型コロナウイルス感染症の対応にあたっている医療従事者に敬意と感謝を示すために行うものとのこと。時間は午後1時30分ころから午後2時ころにかけてで、6機で飛行する予定だといいます。

Large 210927 bi 01

拡大画像

航空自衛隊のブルーインパルス(柘植優介撮影)。

 飛行ルートは、新庄市方面から鳥海山の南側を抜け日本海方向へ西進、途中で南西にルートを変え、酒田港で南へ変針、鶴岡市上空でUターンし、庄内空港上空で進路を変え、東へ抜けていくというものです。

 なお、展示飛行は山形県庄内地方の広範なエリアで観覧が可能であるため、密集しての観覧はしないようにと山形県は呼びかけています。また、当日の天候によっては飛行経路や通過時間が変更になる場合もあるほか、天候や社会要請によるヘリコプターなどの出動状況、新型コロナウイルスの感染状況などによっては、飛行が取りやめとなる場合もあるとしています。

【了】

【庄内平野全域で観覧可】ブルーインパルスの飛行ルート

最新記事

コメント