宇宙でも「コーヒーの味指定」OK!? 宇宙ステーションの「飲み物事情」野口宇宙飛行士に聞く

ISSは各国から選抜された、国籍・宗教・年齢・性別もバラバラのメンバーが集まります。長いと半年ものあいだ閉鎖空間の中で暮らすことになりますが、その際の大きな楽しみの一つが飲食。今回は最新の飲み物事情を野口聡一宇宙飛行士に聞きました。

エスプレッソもグリーンティーもセルフオーダー可

 飲み物は個人の好みが色濃く出る部分です。水分摂取だけならば普通の水さえあればこと足りますが、やはり嗜好品があると精神的にもリラックスできます。ISS(国際宇宙ステーション)ではアルコール(酒類)こそ飲めませんが、それ以外はおおむねOKでバラエティも豊富。野口宇宙飛行士によると、最近ではコーヒーを自分好みにオーダーできることもあるのだそうです。

Large 210923 drink 01

拡大画像

「Zero-G Cup」と名付けられた専用のコーヒーカップでエスプレッソを飲むサマンサ・クリストフォレッティ宇宙飛行士(画像:ESA/NASA)。

――飲食について伺います。人間ですから当然、飲み物や食べ物をとらなければいけません。JAXA(宇宙航空研究開発機構)が認定している宇宙日本食では、食べ物こそ話題になっていますが、飲み物はあまり聞いたことがありません。日本茶系のものとか、コーヒーや紅茶、それらはどうなっているのでしょうか。

野口:飲み物も宇宙日本食として、いっぱい認証されていますよ。それなりにアピールしているつもりなんですが、まだまだ足りなかったかなと思います。

――不勉強ですみませんでした。

野口:缶詰やレトルトカレーが話題になりがちですよね。滞在途中で私のYouTubeでもスポーツ飲料やお茶は紹介しました。コーヒーや紅茶に関しては、実はNASAの方で、かなりのバラエティを持っています。嗜好品ですから、皆さんそれぞれ好みが違うわけです。コーヒーひとつとっても、40種類もバリエーションがあります。

――そんなにあるんですか!

【宇宙で美味しいコーヒーを】ISSのエスプレッソマシン&無重力化専用のカップ「Zero-G Cup」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント