「東海道新幹線の車内販売コーヒー」自宅で味わえます ホット&アイスがネット通販に登場

車内販売のコーヒーと同じ!

「コーヒーの日」に新発売

Large 210930 jrcpeccoffee 01
「車内販売のホットコーヒー(ドリップコーヒー)」のイメージ(画像:ジェイアール東海パッセンジャーズ)。

 東海道新幹線の車内販売コーヒーが、インターネット通販に登場しました。

 ジェイアール東海パッセンジャーズが2021年10月1日(金)、オンラインショップで「車内販売のホットコーヒー(ドリップコーヒー)」と「車内販売のアイスコーヒー」の販売を開始しました。

「車内販売のホットコーヒー(ドリップコーヒー)」は、車内販売のコーヒーと同じコーヒー粉を使用。ブラジル産とニカラグア産の輸出等級最高等級豆を100%使用した「まろやかなコクとやわらかな苦味に、華やかな香り」が特徴のコーヒーといいます。20袋入りで2800円(税込)です。

「車内販売のアイスコーヒー」は、7月にリニューアルした車内販売のアイスコーヒー。ブラジル産の輸出等級最高等級豆を100%使用した「香ばしく、苦味とコクのあるスッキリした味わい」が特徴といいます。リキッド6本入りで2600円(税込)です。

「コーヒーの日」である10月1日(金)から、ジェイアール東海パッセンジャーズ運営の「JRCPオンラインショップ」で販売されています。

【了】

【写真】「車内販売のアイスコーヒー」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント