海上自衛隊ヘリ護衛艦「いずも」太平洋上でF-35Bの発着艦検証へ 10月3日から

さらなる改修を前に実機で検証。

テストに用いるのは岩国基地の米海兵隊機

 防衛省は2021年9月30日(木)、海上自衛隊の護衛艦「いずも」について、F-35B戦闘機の発着艦検証作業をアメリカの支援を受け、太平洋上で行うと発表しました。

 検証作業の実施期間は2021年10月3日(日)から7日(木)までで、このうち1日が充てられるとしています。

Large 210930 izumo 01

拡大画像

海上自衛隊の護衛艦「いずも」(画像:旭川地方協力本部)。

「いずも」は、ヘリコプター搭載護衛艦(DDH)に分類される自衛艦で、航空母艦に類似した全通式の飛行甲板を持っていることから、ヘリ空母と呼ばれることもある大型艦です。一方、F-35B戦闘機は垂直離着陸が可能なステルス戦闘機で、日本ではアメリカ海兵隊が岩国航空基地を拠点に運用しています。

 すでに「いずも」は2020年度予算で、F-35Bの発着艦を可能にするため、甲板の耐熱強化や電源設備設置などの改修が行われており、将来的には更なる改修も計画されています。

【了】

【F-35Bのアップも】英空母「クイーン・エリザベス」と並ぶ護衛艦「いずも」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント