なぜいずも型を空母に? 海自艦艇ひゅうが型やおおすみ型の空母化が無理な理由

ヘリ搭載護衛艦「いずも」に対して、F-35B戦闘機を搭載できるように改修する予算案が発表されましたが、この改修は「いずも」にしかできないのでしょうか。似たような外観の、ひゅうが型護衛艦とおおすみ型輸送艦の場合、何が問題になるのでしょうか。

F-35B戦闘機を護衛艦に搭載予定

 防衛省は2019(令和元)年8月末に発表した、2020年度防衛予算の概算要求のなかに、海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」に、短距離離陸・垂直着陸型のF-35B戦闘機を搭載するための改修予算を盛り込んでいます。この概算要求案が国会において可決されれば、「いずも」は固定翼戦闘機の運用もできるようになるため、事実上の空母化への改修であるといわれています。

Large 191010 izumo.hyuuga 01

拡大画像

甲板上にヘリ5機が並んだ「いずも」。白線で四角く囲まれているのがエレベーターで、後部のものが右舷に突き出ているのがわかる(画像:海上自衛隊)。

 ところで海上自衛隊には、いずも型とよく似た外観のひゅうが型護衛艦や、おおすみ型輸送艦もあります。特にひゅうが型護衛艦は、いずも型と同様にヘリコプターを多数搭載して活動するヘリコプター搭載護衛艦です。おおすみ型輸送艦も、艦橋を右側に寄せ、フラットな甲板を持ち、ヘリコプターの発着艦が可能です。
 
 ひゅうが型とおおすみ型は空母化できるのでしょうか。

【写真】戦艦だった先代の「日向」

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191010 izumo.hyuuga 05  1
  • Thumbnail 191010 izumo.hyuuga 05
  • Thumbnail 191010 izumo.hyuuga 01
  • Thumbnail 191010 izumo.hyuuga 02
  • Thumbnail 191010 izumo.hyuuga 03

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. エレベーターが小さいからって記事に書いているけど
    ちょっと論点が違うわ。
    オスプレイは使用可能だしね。実機を使って格納庫に収納しているからね。
    今後開発されるヘリ機体が大きくならないとは限らない。F35も
    寸法的に搭載可能だよ。説得力不足です。

  2. ひゅうが型で固定翼機運用が無理なら、ひゅうが型と比較して同規模でインボード式エレベーターのインヴィンシブル級、20m短くインボード式エレベーターのジュゼッペ・ガリバルディ、同規模で3ノット低速のプリンシペ・デ・アストゥリアス、20m短く7ノット低速のイオージマ級とかは何故ハリアーを運用していたんですかね?

    >将来的に大型の航空機を運用することになった場合~
    ひゅうが型の20×13mのエレベーターに載せられないような、CH53KやF14よりも大型の40トン超の艦載機が一体いつ開発されるんですかね?

    エレベーターや甲板が小さい小さいとか連呼すらなら、固定翼機運用に必要ななサイズを具体的に言ったらどうですかね。

  3. ひゅうが型で一番問題なのは、エレベーターがインボード式という点ではなく、前部エレベーターの大きさが20m×10mであり、F-35B(15.61m×10.67m)が載らないことだ。
    後部エレベータ(20m×13m)だけでは、運用効率が大きく落ちる。
    エレベーターを拡張しようとすると、甲板の穴を広げなくてはならず、艦体強度に悪影響を与える。

    おおすみ型については、車両甲板にUH-60JAを格納した実績があり、搭載できないわけではない。
    また、MV-22運用の為に航空関係の艤装が改善されている。
    F-35Bを運用するというのは、艦型が小さ過ぎて改造する価値がない。

    今後の最善策として
    いずも型(F-35B専門)とひゅうが型(ヘリ専門、FCS-3Aに改修)を組にして運用。
    おおすみ型は、アメリカ級をタイプシップとした代艦を建造するのがいい。