海自ヘリ空母「かが」就役 F-35Bは結局のところ搭載できるのか? その運用は?

護衛艦「かが」が就役しました。結局のところ、「かが」や「いずも」といったヘリ空母にF-35Bは搭載できるのでしょうか。搭載できたとして、意味はあるのでしょうか。

護衛艦「かが」就役、海自4艦目のヘリ空母

 2017年3月22日(水)、海上自衛隊の新型護衛艦であるヘリ空母「かが」が就役し、同艦を建造したジャパンマリンユナイテッド磯子工場において式典が実施されました。「かが」はいずも型護衛艦の二番艦であり、海上自衛隊においては「いずも」およびひゅうが型の「ひゅうが」「いせ」に加えて4艦目のヘリ空母になります。

170322 kaga 01
アメリカ海軍の強襲揚陸艦「ワスプ」から発艦するF-35B(画像:アメリカ海軍)。

 いずも型はひゅうが型に比べてはるかに大きく、また武装に充実したひゅうが型とは異なり個艦防御用には最小限の20mm機関砲と短射程ミサイルしか搭載しないことから、航空母艦としての航空機運用能力をより重視した護衛艦であるといえます。

 それゆえいずも型に対しては、アメリカ海兵隊において2015年に就役したばかりの最新鋭短距離離陸・垂直着陸戦闘機F-35B「ライトニングII」を艦載する能力について、かねてより議論があります。防衛省が公式の場でF-35Bの艦載について言及したことはありませんが、各種メディアなどではたびたびF-35B搭載論が登場します。

 結論から言うと、いずも型にF-35Bを搭載すること自体には何ら物理的な障害はなく、可能であると推測されます。戦闘機を運用する上で阻害となる飛行甲板に設置された20mm機関砲「ファランクス」の移転や、必須ではありませんが船首に勾配を設けた飛行甲板「スキージャンプ」を設けるなど、それほど大きくない改修のみで対応は可能とみられます。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

12件のコメント

  1. 前政権ならともかく、今の政権は現実がちゃんと見えているから合理的な判断を継続するでしょ。

    ついでに言うと、合理的でない判断をする政権なら、改造じゃなくて新造すると思う。運用はともかく製作技術はあるので、わざわざ古い艦を改造するよりも華やかに新航空母艦を進水させて自己陶酔すると思う。

  2. 何十年も前から、策源地攻撃能力の整備の検討を『議論するしない論』がありますが、
    日本は巡航ミサイルを保有していませんからね。航空機でたくさんのソーティをこなさなければ、
    あちこちに散らばる「飛翔体」基地をいっぺんに無効化できないでしょう。
    しかも、自衛隊の航空機基地は敵からの攻撃に対する脆弱性が指摘されています。

    これらを踏まえて、海上プラットフォームから敵基地に火力を投射できる戦力を少しでも備えておくこと。
    これもまた、合理的かもしれません。
    いずも型のみで、F35Bの運用を補助する機種をすべて積むのは厳しくても、
    ひゅうが型とペアにすればあるいは…

  3. 問題はコスパではない。有事に統合運用され一翼を担う空自。でも空自の仕事は
    日本領空の制空権の確保が最優先。統合運用の作戦空域だけじゃない。海自も陸自も本当に必要な時に来てくれない間に合わないってことがあったら全滅するしかない。特に遠く離れた尖閣諸島などの奪還作戦で。音速ですぐ行けるとかの簡単な話でない。海自、陸自は不信感あるのは事実。

    • あのですね、どうせいずも・かがにはF-35Bなんて載せませんよ?んなわけで新規に固定翼機運用艦を数隻建造して?人員確保して育成して?さらに数十機のB型を(それが海自所属なのか空自所属なのか知ったこっちゃないですが、どうせ戦闘機の定数はどのみちいくらも増えやしないでしょ)取得して?そっちも人員確保して育成して?直衛艦としてイージス艦も8隻体制計画からさらに増勢?DDも増勢?その人員確保して育成して?んな事完了するのに何年かかるんですかね?15年?20年?現実的に考えましょうや。

    • ミサイル防衛装備も当初は予算が膨大で導入出来ないとか言われて結局導入。B型の導入が夢物語のように
      言う方の反論根拠は薄いですよね。イージス艦だって空母もない日本に無用の長物だと騒いだ外野がたくさいたんですがどこにいったのやら。とにかくエアカバー問題は
      顕在化してきたのは事実。

    • 認識いろいろ間違ってますね…イージスBMDはこんごう型導入検討当初はまだミサイル防衛能力なんて考えてなかったでしょ…AWSの性能向上の幸運な副産物ですよ?で、ペトリPAC-3にしてもしょせんPAC-2からの更新に過ぎないし。で、ミサイル防衛装備が導入できたからいずも型にF-35Bも載せられるだの軽々にB型導入できるんです、なんてそんな非論理的な主張は噴飯モノですよ。何も分かっちゃいない証拠ですね…

  4. F-35Bを「いずも」クラスで運用する場合の評価に若干違和感があります。
    1)「いずも」「ひゅうが」クラスが単艦でASW戦行う事は考えられません。随伴艦にイージス艦含めてDDGが随伴するのでASWヘリの搭載は少なくて良い。よってF-35Bの搭載機数が過小評価されている。
    2)F-35Bを運用するには給油用燃料タンクの大幅な増設が必要になり想像以上のコストがかかる。
    3)スキージャンプ台を備えるとバウヘビーになり凌波性と旋回性能が大幅に低下する。

    よって改悪になるので技術的観点から難しいでしょう

  5. この話、なんなんでしょね・・。
    そんな貧乏くさいことしないでしょw
    もし、F-35Bを配備するなら、ワスプ級の強襲揚陸艦の購入でしょ。

  6. スキージャンプはあれば便利でも必須ではないでしょう。少なくともワスプ級やアメリカ級はつけていないし。それに最高速度30ノットなら(ヘリ空母としては世界最速。無論飛行甲板ほぼ同大のワスプ、アメリカ両級より6ノット、毎秒12メートルほど速い)、連続発進でもしない限り相対風速である程度補いつきませんかね(条件が違う、と言われるのは承知ですが)。まあいずも級自体の弾薬庫、燃料、整備資機材や受給システムの能力不足、補給艦の能力の絶望的不足(本気ならサプライ級4隻まるごと、せめてルイス&クラーク級6隻を増強すべき。稼働率や行動半径なら過大ではない。残念ながらましゅう級ですら航空機関係の補給は不足)はそのままなので運用不能な点は変化なしですが。まあ、将来船体延長工事を行うか、あらかじめ確信犯的にスキージャンプ設置が可能な構造にしていれば別ですが。

    • 訂正。6ノットなら毎秒およそ3メートルでした。申し訳ありません(ノットと秒速の関係間違えてました)。また、船体延長も応力などの関係でうまく行かないとは思いますが、絶対しないとは言い切れないし。

  7. F-35BはAV-8BハリアーⅡのような垂直離着陸機ではなく「短距離離陸・垂直着陸機」だ。
    米海兵隊のワスプ級みたく艦首から艦尾まで飛行甲板部を長方形にするか
    英海軍のクイーン・エリザベス級みたくスキージャンプ甲板を付けないと発艦出来ない。

    また、いずも級の甲板がジェットエンジンの排気熱に耐えられるか未知数だ。
    オスプレイの排気には耐えられるようだが、ありゃプロペラが付いてるからな。

  8. >日本の安全保障においてはいずも型でF-35Bを運用する合理的な理由はまったくありません。なぜならば本国から遠く離れた地に対して戦闘機を派遣する必要が無いからです。

    なぜそう言い切れるのか?
    間も無く日本に向けられた北のミサイルを破壊しに行かなければならない事態が起きるかも知れないのに。