マツダCX-50 -60 -70 -80 -90まで!! 新SUV連続投入宣言 日本には2車種

2ケタCXが怒涛の勢いでやってきます!

ラージ商品群中心に5車種投入

 マツダは2021年10月7日(木)、2022年以降におけるSUV商品群の拡充計画を発表しました。
 
 米国の新工場にて生産する「CX-50」「CX-60」「CX-70」「CX-80」「CX-90」を2022年から23年にかけて投入することが明らかになりました。

Large 211007 mazda 01

拡大画像

マツダの既存ラインアップ。SUVは今後さらに増える(画像:マツダ)。

 うちCX-50は、マツダ3やCX-30などとともに“スモール商品群”に位置付けられ、新たなラインアップの中核となるそうです。アラバマ州に建設したトヨタとの合弁新工場にて2022年1月から生産開始の予定。

 CX-60から90は“ラージ商品群”に位置付けられ、既存のCX-5などより上の価格帯。道路や駐車場が比較的狭い欧州や日本には、2列シートのCX-60、3列シートのCX-80を投入、より大きなサイズや存在感が求められる北米などの市場には、ワイドボディ2列シートのCX-70、3列シートのCX-90を展開し、ミッドサイズクロスオーバーSUVのラインアップを拡充させるということです。

 また、ラージ商品群では様々な電動化パワートレインの選択肢を提供するとのこと。電動化が進む欧州はプラグインハイブリッドが中心、パワー重視の北米にはターボ付き直列6気筒ガソリンエンジンとプラグインハイブリッド、日本にはクリーンディーゼルの「SKYACTIV-D」とマイルドハイブリッドの組み合わせ、というように各国の状況に合わせていくといいます。

 これらの発表と同時に、2030年には生産する全モデルの電動化を完了させることも明かしました。一方、2012(平成24)年から続く既存のCX-5については、今後も継続的な商品改良を行っていくとしています。

【了】

【CX-ナニ?】マツダの現行SUVラインアップを画像で確認(日本未発売もアリ)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント