戦法ただ一つ「体当たりで沈めろ」ツノを持つ異形の「衝角艦」砲撃戦時代になぜ蘇った?

古代の軍船には、「衝角」という体当たり攻撃用の鋭い突起がついていました。これは大砲の発達とともに過去のものとなりましたが、19世紀に復活、各国の海軍は競って新たな「衝角艦」を建造します。その理由をひも解きます。

軍船のツノで体当たり

 はるか昔の古代ギリシャ・ローマ時代には、舳先(へさき)が鋭くとがった、いわば角のような形をした軍船(現代の軍艦)が存在していました。この時代、体当たりによって敵船に大きなダメージを与えていたのです。古代の軍船にあったこの「衝角(しょうかく)」は時代の流れとともに廃れていましたが、19世紀半ばに鋼鉄で覆われた装甲艦が登場したとき、一時的に復活したことがあります。

Large 211006 ram 01

拡大画像

1588年にスペインとイギリスが戦ったアルマダの海戦。帆船時代の代表的な砲撃戦だった(画像:アートUK)。

 そもそも古代には大砲などないため、海戦では弓矢や投石器といった武器しかありませんでした。そのため、敵の船に致命傷を与えるには体当たりが一番手っ取り早い方法だったのです。そうなると舳先を鋭利な形にして頑丈にすればよい、ということで青銅や鉄でできた突起物を木造の船体に取り付ける方法が考えられました。英語で「ラム」と呼ぶ衝角は、文字どおり船を衝突させるための角(ツノ)でした。

 海戦が大砲の撃ち合いに変わるにつれ、衝角の出番はなくなっていきます。ただし初期の大砲は、鉄球や石を撃ち出すため威力が弱く船を沈めるほどの破壊力は有していませんでした。そこで、大砲が登場したあとも、敵の船に体当たりすることが想定され、衝角は維持され続けます。

 転機が訪れたのは18世紀後半にヨーロッパで始まった産業革命でした。これは軍事の面にも大きな変革をもたらします。中世以来、大砲は主に青銅製でしたが、良質な鉄を大量生産できるようになったことで、軍艦にも大型高威力の大砲が積まれるようになりました。また、火薬を詰めた榴弾(りゅうだん)が開発され、砲弾自体の破壊力も向上していきます。

 この新たな鉄製の大砲と榴弾による木造帆船の被害は甚大で、防御のため船体に鉄板を張るようになりました。こうして「装甲艦」が誕生します。

【写真】アメリカが造った最後の衝角艦「カターディン」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. これ海上保安庁の巡視船に向いている装備ではないかと。
    体当たりで動けなくして乗り込んで拿捕。
    古代ギリシアの三段櫂船でも体当たりして乗り込んでたし。