津軽海峡に中国&ロシアの艦隊あらわる 計10隻が太平洋へ向け航行 防衛省

日本近海で日英米などが合同訓練したことへの牽制?

中国&ロシア軍艦による津軽海峡の同時通過を初めて確認

 防衛省・統合幕僚監部は、2021年10月18日(月)午前8時頃、北海道奥尻島の南西約110kmの海域において中国とロシアの軍艦計10隻を確認し、これらは津軽海峡を通過して太平洋へ向け航行したと発表しました。

 説明によると、海上自衛隊が、この中ロ艦隊の動向を確認したといい、八戸航空基地(青森県)所在の第2航空群に所属するP-3C哨戒機と、函館基地(北海道)に所在する第45掃海隊所属の掃海艇「いずしま」「あおしま」の2隻が、必要な情報収集と警戒監視活動にあたったとのこと。

Large 211018 tyuuro 01

拡大画像

中国海軍のレンハイ級ミサイル駆逐艦(画像:防衛省)。

 10月18日(月)に津軽海峡を通過したのは、以下の軍艦です。

中国
・レンハイ級ミサイル駆逐艦 1隻
・ルーヤンIII級ミサイル駆逐艦 1隻
・ジャンカイII級フリゲート 2隻
・フチ級補給艦 1隻
ロシア
・ウダロイI級駆逐艦 2隻
・ステレグシチー級フリゲート 2隻
・マルシャル・ネデリン級ミサイル観測支援艦 1隻
 合計 10隻

 海上自衛隊によると、これら中国艦艇は、10月11日(月)に対馬の南西海域で確認され、その後、対馬海峡を北東進したものと同一だそう。また、中国海軍艦艇とロシア海軍艦艇が同時に津軽海峡を通過することを確認したのは、今回が初めてだといいます。

【了】

【写真】津軽海峡を通過した中国&ロシアの軍艦

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント