「ハワイの超有名リゾートホテル」コロナ禍直前に大変貌? 憂鬱ゼロのシェラトン・ワイキキへ

客室を全面”日本人好み”に改修しちゃいました!

日本人に根強い人気 ホノルルの名門ホテル

 新型コロナウイルス感染拡大で、2020年初頭ごろから実質上不可能となった海外渡航。ただ、コロナワクチンの普及で一部の国では先んじて規制の緩和が進んでおり、日本においても2021年10月から、接種完了などの条件を満たせば、入国後14日の隔離期間を短縮できる措置などが講じられるようになりました。

 あらゆる渡航地のなかでも、真っ先に日本人旅行者の回復が見込まれる場所のひとつが、ハワイでしょう。実はコロナ拡大直前に、客室を全面”日本人好み”に改修した有名ホテルがあります。マリオット・インターナショナルに属する「シェラトン・ワイキキ」です。2021年8月、その客室を見てきました。

Large 01

拡大画像

「シェラトン・ワイキキ」の玄関部分(2021年8月、乗りものニュース編集部撮影)。

 立地は空港から車でおよそ30分。ワイキキビーチの中心部に位置します。施設は、全1636の客室を備えるほか、ビーチに面したふたつのプールやレストランなども。コロナ禍前は、ホノルルトップクラスの日本人人気の高さを誇りました。

 改修は、コンテンポラリーハワイアンを基調に明るさを重視。ベッド部分にコンセントを備えるなど、機能性の高さもポイントでしょう。

【超輝いている】温水洗浄付きの化粧室!新「シェラトン・ワイキキ」写真レポ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. ハイアットリージェンシーもどうやら全室ウォシュレットを入れたようだし、
    アメリカ(と言ってもハワイだけど)もどんどんウォシュレットの普及が増えてきているのね。