やっと来た オレンジのANA“最後のA380”納入までの異例の1年半 仏からの出発に密着

成田空港にやってきたANAの超巨大機「A380」3号機。ANAでは異例、オレンジの「ウミガメ」特別塗装も目を引く同機は、他の2機と納入までの経緯も大きく異なります。出発直前のフランスで、その裏側について取材しました。

納入直前に襲ったコロナ

「世界一巨大な旅客機」の異名を持つエアバス社の総2階建て旅客機「A380」。ANA(全日空)では、ハワイで神聖な生き物とされるホヌ(ウミガメ)の特別塗装を施した「フライングホヌ」の愛称で、成田~ホノルル線の専用機として2019年から導入しています。2021年10月16日(土)には、3号機「JA383A」がついに成田空港へ到着し、3機すべてが揃いました。

Large 01

拡大画像

フランス・トゥールーズを離陸するANAのA380の3号機(2021年10月15日、乗りものニュース編集部撮影)。

 この3号機の特徴は、なんといってもその配色。「ハワイの夕日」をイメージした「サンセットオレンジ」のテーマカラーとなっており、先んじてANAでデビューしている「ANAブルー」の1号機、「エメラルドグリーン」の2号機とはカラーリングを大きく異にします。

 そして3号機が日本に到着するまでの経緯も、2機の先輩機とは大きく異なるものでした。1号機、2号機は大きな遅延なくANAに納入され就航したものの、その後コロナ禍が襲い、成田空港で羽を休めることとなりました。

 一方の3号機は、当初計画では2020年4月に納入され、同年夏に路線就航予定でしたが、新型コロナの拡大により納入が直前で延期されたのです。つまり1年半ものあいだ、ほとんど完成状態のままエアバスの施設で”出発の時”を待っていたのでした。

 この3号機を成田に出発させるべく、さまざまなANAのスタッフが携わっています。同機が成田に向かう直前の現地時間10月15日(金)、フランス・トゥールーズのエアバス工場にて、それぞれの心境などを聞くことができました。

【超・大特集】「ホヌ」3号機、塗装完了→日本飛来までの1年半をササッと(78枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント