40年不変“荒野のベーシックカー”乗り味は ロシアSUV「ラーダ・ニーヴァ」いよいよ変化へ

世界には、日本のディーラーで輸入、販売されていないクルマがたくさんあります。ロシアで40年以上ほぼ変わらずに生産され、今でも新車で買えるSUV「ラーダ・ニーヴァ」もそのひとつ。日本でも密かに人気を博す、そのSUVに乗ってみました。

「ラーダ・ニーヴァ」ってどんなクルマ?

 世界のSUV人気を背景に新モデルも次々と登場するなか、なんと40年以上も前からクラシカルなデザインのまま、最新の2021年モデルも発売されているSUVが存在します。それが「ラーダ・ニーヴァ」、ロシアのクルマです。

Large 211021 lada 01

拡大画像

ラーダ・ニーヴァ3ドア(イシグロン撮影)。

「ニーヴァ」は、1977(昭和52)年、旧ソ連のヴォルガ自動車工場(現アフトワズ)が「ラーダ」ブランドにて発売して以来、現在まで40年以上、ほぼ変わらずに生産され続けています。もっとも日本では「ラーダ・ニーヴァ」とブランド名まで含めて呼ばれることが多いです。

 モノコックボディに、フロントがダブル・ウイッシュボーン、リアが5リンク・リジッドのコイルスプリングという足回り、さらにデフロック、ハイ/ロー2段階の副変速機付きトランスファーを有する悪路に強いフルタイム4WDであり、誕生当時としては先進的なSUVでした。

 ボディタイプは、3ドアとそれを単純にストレッチした5ドア、ピックアップトラックの3種類。近年には、ウレタンバンパーやアルミホイールなどでアップデートしたグレード「アーバン」や、ハイリフト、ビッグタイヤなどでカスタムされた「ブロント」も追加されました。

 後継車として、イマドキなデザインの「ニーヴァ・トラベル」が発売されてからは、もとのニーヴァは「ニーヴァ・レジェンド」に改名されています。

【写真で見る】「ラーダ・ニーヴァ」の内部&豊富なバリエーション

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント