東京モノレール浜松町駅 建て替え工事着手へ 改札口集約、3階に歩行者広場

古き良き駅の姿もまもなく見納めです。

開業以来約60年の歴史をもつ駅舎

Large 211006 mono 01
都心と羽田空港を結ぶ東京モノレール(画像:photolibrary)。

 東京モノレールは2021年10月22日(金)、モノレール浜松町駅ビルの建て替え工事に本格着手すると発表しました。

 モノレール浜松町駅の駅舎は、1964(昭和39)年の開業以来のもので、何度かの改修を経つつ昭和の雰囲気を今に残していましたが、浜松町駅西側で事業中の再開発にともない、建て替えとなります。

 建て替え後の新駅舎は地上5階の駅ビルとなり、3階部分で周辺新ビルと歩行者広場で直結。改札口は3階に集約するとともに2階を自由通路化し、他路線との乗り換えをふくめ動線がわかりやすくなります。

 工事の完了は2029年12月を予定しています。

【了】
※一部修正しました(10月25日10時56分)。

【写真】昭和感がすごい浜松町駅 新駅舎はどうなる?

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント