スバル 新型EV「ソルテラ」公開 全輪駆動SUV 米欧中などへ展開

BEVプラットフォームはトヨタとの共同開発です。

前輪と後輪を別々のモーターで駆動

Large sol21y06s
新型BEV「ソルテラ」(画像:スバル)。

 スバルは2021年11月11日(木)、SUVタイプの新型BEV「SOLTERRA(ソルテラ)」を発表しました。

 スバルはこの新車で初めてBEVをグローバルに展開します。2022年度中期までに日本国内をはじめ、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、中国などへ導入開始するとしています。

 名称の「SOLTERRA(ソルテラ)」とは、ラテン語で「太陽」を意味する「SOL(ソル)」と、「大地」を意味する「TERRA(テラ)」を組み合わせた造語とのことです。

 トヨタと共同開発によって生まれた「e-Subaru Global Platform」により、BEVながら従来の「スバルらしい」、ステアリング操作にリニアに反応する操縦安定性を実現。大容量バッテリーの配置も重心を低くし安定性に寄与するよう設計されています。

 ソルテラはFWDのほか、AWD(全輪駆動)もラインナップ。前輪と後輪を別々のモーターで駆動するシステムが初採用され、緻密な制御により4つのタイヤのグリップ力が最大限発揮されるよう駆動力が配分されます。あわせてこのグリップ力の制御により悪路でも一定速度で走行できる「X-MODE」が導入されています。

 車体寸法は全長4690mm、全幅1860mm、全高1650mm。ホイールベースは2850mm。最小回転半径は5.7m。パワーユニットはリチウムイオン電池による総電力量71.4kWh、相電圧355Vのバッテリーと最大出力150~160kWのモーターを搭載。一回の充電による走行距離は460~530kmとなっています。

 外観面では、フロントグリルは六角形、その周囲のボディやフェンダーは、SUVらしい力強さを醸し出すデザインとなっています。インテリアでは、フロントに開放感をもたせるよう、インパネは高さを抑えたほか、スバル初採用となるトップマウントメーターとなっています。

【了】

【全貌が明らかに! 新型「ソルテラ」の姿をもっと見る】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント