尖閣警備の期待の星 海保最大級のヘリ搭載巡視船「あさづき」就役 沖縄・石垣島が拠点

船体サイズ、武装、搭載ヘリの3点で海保随一です。

沖縄配備の巡視船で唯一、ヘリ2機収容可

 海上保安庁は2021年11月12日(金)、山口県にある三菱造船江浦(えのうら)工場でヘリコプター搭載型巡視船「あさづき」が就役したと発表しました。配属先は第十一管区海上保安本部の石垣海上保安部です。

Large 211113 asazuki 01

拡大画像

ヘリコプター搭載型巡視船「あさづき」。大きさは、排水量約6500トン、全長約150m、幅約17mで、れいめい型巡視船の3番船として建造された(画像:海上保安庁)。

 巡視船「あさづき」は、れいめい型巡視船の3番船として、2017年度予算で建造された船で、40mm単装機銃を2基、20mm多銃身機銃を2基装備するほか、「スーパーピューマ225」型ヘリコプター(愛称:ちゅらわし)を搭載します。

 なお通常、搭載するヘリコプターは1機のみですが、緊急時などの際は2機搭載でき、格納庫や発着甲板の移送レールなども2機分用意されています。ほかにも、停船命令等表示装置、遠隔監視採証装置、遠隔放水銃などを備えています。

 従来、第十一管区海上保安本部には、那覇海上保安部にヘリコプター搭載型巡視船として「うるま」「おきなわ」「りゅうきゅう」の3隻が配備されていたものの、これらは全てシコルスキーS-76D中型ヘリコプター1機の搭載・運用能力しかありませんでした。

 新たに配備された「あさづき」は、これら3隻のヘリコプター搭載型巡視船を上回る性能を持つ船であり、沖縄周辺海域における警備救難能力が向上すると期待されています。

【了】

【写真】「あさづき」が搭載するヘリコプター/「あさづき」の同型船ほか

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント