法務省の実力部隊「特別機動警備隊」マツダCX-8ベースの指揮官車を配備へ

一見すると欧米のパトカーみたいかも。

法務省の真っ青なSUVパトカー

 東京都葛飾区にある東京拘置所において2021年12月2日(木)、法務省特別機動警備隊に配備された指揮官車が報道公開されました。

 ベースはマツダCX-8で、緊急車両として赤色灯やサイレンスピーカーなどを装備し、青色を主体とした特別塗装が施されているのが特徴です。マツダの説明によると、指揮官車として「端正さ」「冷静さ」を表現しているといいます。

 また、車体各所に描かれた「MOJ」とは法務省の英語表記である「MINISTRY OF JUSTICE」の略。加えて側面のドア部分には「法務省矯正局」と所属名も記されています。

Large 211203 moj 01

拡大画像

法務省矯正局の特別機動警備隊に配備された指揮官車。マツダのCX-8がベース(画像:法務省)。

 今回、初めて指揮官車が配備された法務省特別機動警備隊とは、刑務所や拘置所、少年院などの矯正施設において、暴動や逃走、天災事変など、保安上の緊急措置を擁する事態が発生した場合に迅速かつ的確に対処できるよう、2019(平成31)年4月1日に創設された法務省の実動部隊です。

 法務省矯正局長の直轄で、普段は東京拘置所内に配置されています。すでに指定暴力団幹部の出所に伴う施設警備や、台風被害による避難所開設(東京拘置所)や復旧支援活動(長野県須坂市)などで活動しており、最近では2021年7月、大雨によって大規模な土砂災害が起きた静岡県熱海市における災害復旧支援活動にも派遣されています。

 なお、法務省特別機動警備隊は、英語名の「Special Security Readiness Team(スペシャル・セキュリティ・レディネス・チーム)」から略称を「SeRT(サート)」としています。

【了】

【青いボディに赤色灯】法務省のCX-8指揮官車&特別機動警備隊員ほか

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント