UAE「ラファールF4」戦闘機の売買契約にサイン 一度に80機購入は過去最大

ダッソーも「歴史的契約」と表現しました。

UAEの決定で「ラファール」採用国は6か国に拡大

 フランス航空機メーカーのダッソー・アヴィエーションは2021年12月3日(金)、UAE(アラブ首長国連邦)と「ラファール」戦闘機80機の売買契約を締結したと発表しました。

 導入するのは最新鋭のF4で、母国フランス以外でこのタイプの導入を決めたのはUAEが初とのこと。なお、UAEはすでにダッソー製の「ミラージュ2000」戦闘機を59機運用しており、同機を始めとして45年以上にわたる信頼と実績が今回の「ラファール」採用を後押ししたともしています。

Large 211206 rafal 01

拡大画像

UAEが購入を決めたダッソー「ラファール」戦闘機(画像:ダッソー)。

「ラファール」戦闘機はこれまでに母国フランス以外に、エジプトやインド、カタール、ギリシャ、クロアチアで採用されており、今回のUAEの契約締結で導入国は6か国になります。

 中東ではエジプトに次いで2番目の採用となりますが、一度に80機の購入契約は過去最大で、これによりUAEは一躍、母国フランスに次いで2番目の「ラファール」運用数を誇ることとなりました。

 なお、一部報道によると、納入は2027年から予定しているとのこと。またUAEは「ラファール」80機とともにヘリコプター12機の購入も決めたそうで、合わせて総額170億ユーロ(1ユーロ128.5円換算で約2兆1850億円)超もの巨額契約になったといいます。

【了】

【調印式の様子も】先輩ユーザー インド空軍とエジプト空軍の「ラファール」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント