ANAから誕生「新・787-9国内線仕様機」 上位クラスがファーストクラス品質すぎた件 席数も増

“マイル修行”もまったく疲れなさそう!

席数増加 28席に

 ANA(全日空)国内線で2021年12月9日(木)から投入される、新仕様のボーイング787-9国内線仕様機。ANAが運航する国内線仕様の787では初めて、普通席含む全席にパーソナルモニター付きの最新シートを装備します(これまで国際線仕様でモニター付きの787が国内線投入されていたケースはあり)。

 そしてこの新仕様機のもうひとつの特徴が、上位クラスの「プレミアムクラス」です。同社最新の国内線仕様シートが採用されているほか、席数も大幅に増加しているのです。

Large 01r

拡大画像

初めて旅客便に投入されたANAのボーイング787-9新仕様機「JA936A」(2021年12月9日、乗りものニュース編集部撮影)。

 同機に搭載された「プレミアムクラス」は、これまでの18席(従来タイプの787-9国内線仕様機の場合)から大幅に数を増やし28席へ。「国内線機最大」の席数を持つといいます。旺盛な「プレミアムクラス」利用者の需要に応えたレイアウトがとられているようです。

 新「プレミアムクラス」シートは、2019年秋よりボーイング777-200国内線仕様機に搭載されたものと、ほぼ同じ仕様となっています。ただ、ANAのボーイング777-200は、現在運航を一時的にストップしている状況であることから、この新「プレミアムクラス」に乗れるのは、これらの787-9のみとなります。

 このシートは、どのような特徴があるのでしょうか。

【超豪華!】ANAの新「プレミアムクラス」を写真で徹底レポ(19枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント