ANA巨大機「A380」に存在! 爆睡不可避なエコノミー「カウチシート」 普通の席とはどう違う?

ANAの総2階建ての超大型機エアバスA380は、その巨大さや形、デザインはもちろんのこと、国内航空会社ではまず見られない珍しいエコノミークラス「カウチシート」を設置しています。どのような座席なのでしょうか。体験してきました。

パッと見は普通のエコノミーっぽいけど…

 ANA(全日空)に2019年から投入された総2階建て超巨大旅客機、エアバスA380。同社ではこの機体に「フライング ホヌ(空飛ぶウミガメ)」という愛称と、機体ごとに異なるウミガメの特別デザインを施し、成田~ホノルル線に導入しています。

 2021年8月現在は、新型コロナウイルス感染拡大による出入国制限の影響をうけ、定期便としての運用から外れている状態です。とはいえ、その存在感はANA機のなかでもダントツ。同機では不定期で同一空港発着の遊覧飛行が実施されているほか、駐機状態で機内食レストランとして使用されるなど、航空ファンや旅行ファンを楽しませるユニークな存在といえるでしょう。

Large 01

拡大画像

ANAのエアバスA380「フライングホヌ」(乗りものニュース編集部撮影)。

 実はこの「フライングホヌ」、客席にも、国内では唯一無二、世界中見渡しでもめったに見られない、ユニークなものが存在します。ベッドのように寝転べるシート「ANA COUCHii(ANA カウチシート)」です。このシートに2021年8月のホノルル線再投入時、実際に乗ることができました。

 同機は2階がファーストやビジネスといった上位クラス、1階がエコノミークラスといった配置で計520席。このカウチシートは1階最後部の区画に設定されています。そのため、区分上はエコノミークラスです。また座席も通路からパッと見た限り、通常のエコノミークラスとほとんど変わらないように見えますが、下部に大きなレッグレストがあります。これがカウチモードとなる際のキーです。

【天国や…】写真でガッツリお伝えします!ANAの「カウチシート」搭乗記

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 「乗りものニュース」さんの偏向報道は酷い
    ANAに関して不都合な「2021年度下期 ANA航空輸送事業計画」は取り扱わず
    ANAの広告記事はどんどんあげる

    A380の「ANA COUCHii」も本家はニュージーランド航空が「SkyCouch」を商標登録し
    ANAは導入時協力を仰いだもの
    それも本家は基本エコノミー前方窓側区画で使えプラスアルファで追加料金徴収のサービスに対し
    ANAのはエコノミー最後方他エコノミーよりシートピッチが狭い詰め込み劣化版なのに料金追加される
    どっかの政権のようなヨイショ記事