渋滞必至… 西湘バイパス小田原市街で通行止め計150日 リニューアル工事 伊豆方面注意

ただでさえ渋滞しますが……。

2022年の年明けから長期閉鎖

 東京方面から伊豆方面へ向かう人は注意です。NEXCO中日本東京支社は2021年12月8日(水)、西湘バイパスの小田原市街区間で通行止めなどの規制を伴うリニューアル工事を実施すると発表しました。

Large 211208 seisho 01

拡大画像

海沿いの西湘バイパス。左上が伊豆方面、右上が箱根方面、右下が茅ヶ崎方面。T字型をしたこの写真の区間が通行止めになる(画像:Google earth)。

 小田原ICから石橋ICまでと、その途中から箱根方面へ分岐した小田原西ICまでの上下線で、昼夜連続の通行止めが実施されます。期間は2022年1月5日(水)~3月22日(火)と、GW明けの5月9日(月)~7月21日(木)、計150日です。

 当該区間は、茅ヶ崎・横浜方面から西湘バイパス経由で伊豆方面へ向かうクルマ、東京・厚木方面から小田原厚木道路経由で伊豆方面へ向かうクルマが合流する区間で、ふだんから渋滞の多い箇所です。東伊豆方面への主要ルートが寸断されることになります。

 リニューアル工事期間中は、平日の朝・夕および土日祝日を中心に下り線(箱根・熱海方面)小田原IC出口付近を先頭に最大50分程度、週末を中心に上り線(茅ヶ崎方面)国道135号石橋IC付近を先頭に最大60分程度の渋滞がそれぞれ予想されています。このため、西湘バイパスから小田原厚木道路道路(箱根方面)への迂回などが呼び掛けられていますが、その小田原厚木道路(小田原東IC~小田原西IC)でも、緊急工事で規制を実施する場合もあるとしています。

 なお、リニューアル工事の内容は、老朽化した橋梁のコンクリート床版(舗装が載る道路の床板部分)や、伸縮装置の取替などです。

【了】

【これ渋滞するやつ】通行止めになる区間を画像で見る

最新記事

コメント