納得できる自動車税制を! JAFが22年度税制大綱に声明 負担軽減と簡素化求める

廃止されたと思ったら実質変わらない税ができたり……ゾンビか!

自動車ユーザーの怒り代弁 JAF

 JAF(日本自動車連盟)は2021年12月14日(火)、自民・公明両党により決定された2022年度税制改正大綱について、声明を発表しました。概要は以下の通り。

Large 211214 jafzei 01
クラシックカーのイメージ。日本では税金が重課される(画像:mblach/123RF)。

・自動車ユーザー全体の税負担の軽減がはかられるよう、自動車税の引き下げは新車だけでなく現在保有している車も対象にし、減税額をもっと大きくすべき。

・自動車取得の初年度にのみ課税される「環境性能割」は自動車取得税の単なる付け替えのようなものであることから廃止すべき。

・カーボンニュートラル(脱炭素社会)の実現を目指すうえで、その自動車税制が具体的に検討される際には、減税などの負担軽減を前提に自動車ユーザーが納得できるような自動車税制のあり方の検討を求める。

・長年訴え続けてきた、自動車重量税やガソリン税等に上乗せされている、いわゆる「当分の間税率」をはじめ、一定期間経過した車に一律に課される重課措置、ガソリン税のTax On Tax等の問題についても早急に解消すべき。

 JAFは今夏、2022年度税制改正に向け、アンケート調査に答えた11万5813名の自動車ユーザーの声をもとに、自動車税制の見直しを求めました。2022年度税制改正大綱においては「中長期的な視点に立って検討を行う」と自動車税制の抜本的な見直しは先送りに。JAFでは2023年度税制改正に向けさらに活動を続けていく構えで、「公平・公正・簡素な自動車税制が実現されることを期待したい」としています。

【了】

【なんじゃこりゃ!?】高すぎ日本の自動車関連税 他国との比較 画像で見る

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 古い車の取引価格もなんとかしてよね、日産のように芸能人向けのサービスの裏では日産中古サイトでもケンメリが1300万円とかね、芸能人への対偶のオハチを一般客に廻す自動車メーカーは消えてしまえ!

  2. 税負担がとことんイヤならEVに乗れば少なくともガソリン税は払わずに済みますね。自動車税も安くなるはず。