翼3対!? 「破壊的設計」の異形旅客機案が続々出現の2021年 その奇抜デザイン&共通点

2021年は、いままでの旅客機の概念を覆すような斬新な設計案が世界中で発表されました。どのようなものがあったのでしょうか。また、これらには共通するアピールポイントも。斬新設計もそれゆえでした。

翼が3対? "使徒"みたいなデザイン

 2021年、世界ではさまざまな新型旅客機の案が多くの企業で発表されました。ただ今年はとくに企業側が「破壊的(disruptive)な設計(design)」と称するような、いままでの旅客機の概念を覆す斬新な設計案が次々と世に出た年といえたでしょう。そしてこれらには、とある共通点がありました。

Large 01
SE Aeronauticsが計画する「SE200」のイメージ(画像:SE Aeronautics)。

●翼が3対? "使徒"みたいなデザイン

 アメリカのスタートアップ企業「SE Aeronautics」が2021年3月、「破壊的設計」をうたう、最大264人乗りの新型旅客機プラン「SE200」のコンセプトを発表しました。同機は、主翼に相当する大きな翼が、胴体前、中、後部に3対備わるのです。

 SE Aeronauticsによるとこの翼構成は、「効率的で軽量な翼構成」で、「短距離離着陸(STOL)機能と長距離飛行で高い効率を発揮する」設計とのこと。なお、カタログスペック上の航続距離は、地球半周分(約2万km)にほぼ相当する、1万500ノーティカルマイル(約1万9400km)。新設計の採用で、1席あたりの燃料消費量が従来機より約70%削減され、二酸化炭素排出量が約80%削減できるそうで、「エコな旅客機」をうたっています。

【衝撃!】2021年世に出たモンスター機たちの全貌(14枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント