第二神明 大蔵谷ICに料金所を設置 玉津ICまでの「無料区間」解消へ

ついに料金徴収が始まります。

入口と出口でそれぞれ料金精算を行う形に

Large 211201 okura 01
料金所の設置が進む第二神明道路の大蔵谷IC(画像:NEXCO西日本)。

 NEXCO西日本は2021年12月22日(水)、第二神明道路の大蔵谷IC(兵庫県神戸市)に料金所を設置し、2022年2月14日(月)0時から運用開始すると発表しました。

 これまでは大蔵谷IC~玉津IC間には料金を徴収する施設が無く、無料で通行が可能となっていました。2月からはこの2つのIC間を利用する場合、通行料金が必要となります。料金例は軽自動車が120円、普通車が150円です。

 大蔵谷ICから明石・姫路方面へ行く場合、いったん初乗り料金を支払って通行証を受け取り、降りたICで必要に応じて追加料金を支払う形になります。ただし神戸方面へ向かう場合は、大蔵谷ICの料金所では支払いは必要なく、出口でまとめて精算します。

 ちなみに、途中にある伊川谷ICにも料金所を設置予定。伊川谷IC~玉津ICには普通車110円の料金が設定される予定で、無料で通行できる区間は解消となる見込みです。

【了】

【図解】料金体系が変わる第二神明の大蔵谷周辺

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 無料にするならまだしも無料区間廃止とは。
    なんのためのガソリン税だか。