JALが参入「アドベンチャートラベル」 本当にアドベンチャーだった! 冬の阿寒の絶景

海外ではセレブ中心に結構流行っているみたいです!

世界マーケットでは70兆円

 JAL(日本航空)とジャルパックなどが、2021年12月より釧路空港から車で約1時間、冬季は氷で覆われる阿寒湖地域でアクティビティを体験できるツアー「アドベンチャートラベル・IN阿寒湖」の販売を始めています。

 アドベンチャートラベルは、「アクティビティ、大自然、文化体験の3要素のうち、2つ以上で構成される旅行」と定義され、北欧やアメリカなどを中心に70兆円のマーケットを持つような先進的な旅行スタイルのひとつ。おもに海外の富裕層をターゲットとしているものの、日本ではまだ一般的とはいえません。ここにJALグループが参入することになりました。

Large 01

拡大画像

JALが「アドベンチャートラベル」旅行商品として展開するツアーイメージ。写真はオンネトー(2021年12月、乗りものニュース編集部撮影)。

 JALが提供を開始した旅行プランは、釧路空港発着の航空券、阿寒湖温泉の鶴雅グループの系列ホテルへの宿泊、そして、鶴雅アドベンチャーベース「SIRI」が提供する冬季限定のアクティビティの利用クーポン(5000円分)を加えたものです。

 たとえば阿寒湖から南西10km少々、蒼の美しい小さな湖オンネトー(足寄郡足寄町)を最終目的地とし、アカエゾマツの純林や一面の苔、高山植物など原始的な雰囲気の中を散策できるツアーなど数種類のアクティビティが揃います。

【写真】さよならストレス社会!JALが推す「阿寒地域」に行ってみた

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント