「普通にカッコいい」新型ステップワゴン 狙い通りの評価? 「原点回帰」に好反応

昨今のミニバンの傾向に一線を画し、シンプルを突き詰めたデザインになった新型ステップワゴン、これに好反応が寄せられています。開発スタッフの目指した要素は「普通にカッコいい」の声を得ました。

新型ステップワゴンのエクステリアは「狙い通り」?

「普通にカッコいいじゃん」
「原点回帰いいね」
「脱オラオラいいね」
「まさにこういうのでいいんだよの集大成」

 2022年1月7日(金)に発表された、6代目となるホンダの新型「ステップワゴン」に、SNSでは多くの反応が寄せられました。

Large 220107 step 01
新型ステップワゴン スパーダ(奥)とエアー(ホンダの映像より)。

 今回のステップワゴンは、シンプル路線の「エアー」と、スタイリッシュ路線の「スパーダ」の2タイプ。ただ、いずれも昨今のミニバンに多い、装飾パーツによる押し出しの強いフェイスと一線を画し、シンプルな外装になり、上記のような反応が見られたわけです。

 エアーもスパーダも、エクステリアは“安心感”や“守られている感”をコンセプトにしています。エアーのエクステリア開発担当であるホンダの花岡久和さんは、フロントライト周りのデザインについて「目つきの作り方は、カワイイ顔でもダメだし、怖い顔でも嫌だし、その顔をつくるのにすごく苦労した」と話します。側面も、しっかりした“柱”や“カタマリ感”で安心感を表し、「中身がいいのをスタイリングでも表現したい」とのこと。

 いわば、ファミリーカーとしてのミニバンの原点回帰。初代や2代目のステップワゴンを思い出すという人のほか、かつての軽自動車「ザッツ」や、「モビリオ」を思い出すという人も多くいました。

 ただ、発売は2022年春です。今回の発表は、最大のライバルであるトヨタ「ノア/ヴォクシー」新型の発売を前に牽制球を投げたともいえます。前出した「脱オラオラ」とは、まさにノア/ヴォクやアルファードなどとの比較。スタイリングの好みだけでなく、ホンダとトヨタの販売面においても、2022年はミニバン界隈で大きな戦いが起こりそうです。

【了】

※一部修正しました(1月9日9時16分)。

【中身は?】新型ステップワゴンを画像でたっぷり見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 二代目に似ているが、より優しく上質な感じがする。フィットも同じような方向性のモデルチェンジの感じがするが、ステップワゴンはよりユーザーから受け入れられそう。次々にモデルチェンジする車に魅力を感じなくなってしまった元、車好きの人達にも、久々に欲しいと思える車になるかもしれない。私も久々ミニバンもいいかもって思った。ホンダに拍手。