なんじゃこりゃ!? エンジン16基&翼が“枠” 超異形の新型航空機、なぜこの形に?

航空機というよりモンスター。枠の中に胴体ある感じです。

「ドア・トゥ・ドア」の移動が可能に?

 2019年に設立されたアメリカ・カリファルニア州のCraft Aerospace社が、都市間を結ぶ9人乗り航空機の開発を進めています。同機の外観の特徴としてなにより際立つのが、16基のプロペラ、そして、胴体前部と後部に伸びた翼の翼端がつながり、枠のようになった独特の「ボックスウイング」です。

 同機を上から見るとひし形の枠のなかを胴体が貫くような形状となっており、そのルックスは、航空機というよりも、まるでSFアニメのモンスターのようです。

Large 01

拡大画像

Craft Aerospace社が開発を進める航空機イメージ(画像:Craft Aerospace社公式You Tubeより)。

 この機体は、ハイブリッド電気垂直離着陸(VTOL)航空機とされ、最高速度は約550km/h、航続距離は約1609km(1000マイル)で、高度3万フィート(9144m)を巡航できるスペックを持つとのこと。

 また、速度こそプライベートジェットには劣るものの、垂直離着陸が可能であることから、空港はもちろんのこと、ヘリポートにも発着できるといいます。同社はこの機を、いわゆる「ドア・トゥ・ドア」の移動ができるものとアピールしています。

 そして同機の特徴である「ボックスウイング」は、垂直離着陸のときに大きな効力を発揮します。

【使徒っぽさでは負けず?】他社の異形「未来の旅客機」たち(10枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

6件のコメント

  1. 胡散臭いことこの上ないな。
    ペラ16基とはいえ単発の推力で、あんなちんけなフラップ如きでVTOL?
    せいぜいSTOLだろ

    • プロペラの推進力の下半分をフラップで下に向けてる。
      だからおっしゃる通りVTOLなんて出来ない
      動画みたいに垂直に飛び立つのは嘘っぱちだね。

  2. 1:02の辺りを見ると垂直に上がってるように見えるけどね。この実験モデルみたいに壁のようなフラップをつければ理屈としては可能なのでは

  3. わざわざプロペラを16基にしているのは、境界層の粘性を利用する為にプロペラ直径を小さくしているからでは?
    だとすると、コアンダ効果による揚力を優先する設計の可能性は無いんだろうか。
    それなら翼上面に沿ってプロペラの推力を下に向ける事も可能では?

  4. 離島路線で活躍してほしい

  5. 動画を見ると、地面に着いたまま機首を30度?程上げ、そこから垂直に上昇している。
    なるほど、この方法なら、垂直に離陸できそう。(この機体が水平のまま真上に上昇するのは難しい)
    ドローンが登場し、複数の電気モーターによる制御技術が発達したことで、今、航空機の設計に革命が起きている。
    脱化石燃料という時代の流れと、IT技術の発達が同時に起こったことも、この革命を後押ししている。