ぐるぐるトンネル抜けたら荒野!東京「ランド坂」の奇景 川崎との境が激変していた

東京都稲城市内、川崎市との境目近くの風景が一変しています。旧来の急坂+ヘアピンカーブに代わり、山の下から上るループトンネルが開通。抜けた先には「荒野」ともいえる風景が広がっています。

一変した「ランド坂」

 東京都稲城市と神奈川県川崎市にまたがる遊園地「よみうりランド」の周辺で、道路の風景が大きく変わっています。ある新トンネルの開通で、これまでのルートが大幅に変更となったのです。

 ルートが変わったのは、京王よみうりランド駅(稲城市)から南へ、都県境を越えて遊園地に通じる「よみうりランド通り」です。低い谷筋から急勾配のヘアピンカーブを経て、遊園地のある丘の上へと一気に駆け上がるようなルートで、地元では「ランド坂」と呼ばれています。かつては走り屋も集まるような場所でした。

Large 220121 land 01

拡大画像

ランド坂を上りきった「丘の湯」の交差点から。奥が区画整理事業地内に作られた新ルート(乗りものニュース編集部撮影)。

 2021年9月、このランド坂の麓に坑口が設けられた「稲城よみうりランド坂トンネル」経由の新ルートが開通しました。

 新トンネルも急坂、かつ麓からループを描くような線形です。抜けた先には、土の山と草むらが広がる、いかにも造成中であるかのような風景が広がっています。ここは、谷間の西側の丘陵地「南山」の区画整理事業地で、道路はさらにカーブを描き、ランド坂のヘアピンカーブのヘアピン部分に取りつきます。

 歩道と車道が分離された真新しいトンネルの開通により、旧ルートの狭隘さは解消されたものの、トンネル入り口からヘアピンカーブ部分までの距離は従来より800mほども伸びてしまいました。そのうえ、トンネル入り口からヘアピンカーブまでの旧ルートは廃止され、立ち入り禁止になっています。

 なぜ、わざわざ大規模なトンネルをつくり遠回りさせるようなルートになったのでしょうか。自転車や歩行者のために旧ルートを残してもよいのでは、と思うかもしれませんが、そうできない理由があるのです。

【地図/写真】新ルートの位置と現地の風景 谷を埋めちゃうの!?

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント