「スカイライナー」の青砥駅臨時停車が正式停車に 日中60分間隔で 京成2月ダイヤ改正

青砥駅停車の下り「スカイライナー」は4・8号車からの乗車です。

一般列車は成田空港アクセスの速達性を確保

 京成電鉄は2022年2月26日(土)にダイヤ改正を実施します。

「スカイライナー」関係では、日中時間帯に80分間隔で青砥駅に臨時停車していたものを、上りは「スカイライナー12号」から「同60号」まで、下りは「スカイライナー11号」から「同65号」まで60分間隔で青砥駅に停車。今回のダイヤ改正で臨時停車から正式なダイヤとして運行します。これにより、青砥発着(青砥~空港第2ビル・成田空港間)のスカイライナー券がチケットレスサービスを利用して購入できるようになるほか、押上・都営浅草線・京急線方面から成田空港アクセスのさらなる利便性が向上します。

Large 220126 keisei 01
三代目「スカイライナー」に使用する京成電鉄AE形電車(恵 知仁撮影)。

 深夜時間帯では、成田空港発のスカイライナー最終列車「スカイライナー82号」を23時20分発から23時ちょうど発に変更。深夜時間帯は30分間隔の運転に統一し、LCC深夜到着便利用客の利便性向上を図ります。あわせて、上りアクセス特急最終列車の運転時刻を繰り下げます。

 一般列車関係では、日中時間帯における本線の「特急」を「快速」に変更して特急通過駅の乗り換え利便性を向上します。また、下り「快速特急」は京成高砂駅で「アクセス特急」成田空港行きに、上り「アクセス特急」は青砥駅で「快速特急」京成上野行きにそれぞれ接続し、京成上野・日暮里~京成成田間の速達性を確保します。平日夜間では、都営浅草線から京成成田方面へ向かう「快速特急」の一部を「特急」に変更します。

 深夜時間帯では、成田空港発宗吾参道行きの列車を23時台に増発。成田空港23時03分発上り最終列車の「快速」京成高砂行きを「普通」に変更します(成田空港平日22時54分発、土休日22時53分発に)。この「普通」京成高砂行きは、京成高砂駅で都営浅草線方面の最終列車と接続するため、各駅の発車時刻を繰り上げます。あわせて、この列車に接続する芝山千代田発京成成田行きの列車も運転時刻を繰り上げ、東成田駅発時刻は23時03分から22時54分(土休日は22時59分)となります。

 このほか、平日に運転している印旛日本医大発京成上野行き「臨時ライナー」は、印旛日本医大 午前6時55分発、日暮里7時46分着、京成上野7時51分着から印旛日本医大 午前7時ちょうど発、日暮里7時40分着、京成上野7時46分着に変更して当面のあいだ運行します。

【了】

【画像】ダイヤ改正後の「スカイライナー」時刻表

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. ありがとうございます。そして、青砥駅周辺の皆様よかったですね。現時点では当面一部停車なので、実質正式に決定を前提、そして今回正式に決定なので、喜ばしい事であります。

    • 追加補足で、臨時ライナーも当面運行なので、実質永久に運行つまり正式に定期化を前提にしているので、近々臨時ライナーに新名称が付いたうえで正式運行するでしょう。「当面のあいだ」は実質永久に実施を前提とする意味ですが、その殆どのケースがマイナスの方向になっていますが、プラスの方向つまり、いいことになるのは、「当面のあいだ」にとどまらずに、ずっとその先も続いていたいものであります。