特急スカイライナー東急目黒線直通西小山行きです コロナ禍スカイライナー活かす京成

いま京成が、成田空港アクセス特急「スカイライナー」の車両を、別の目的で活用しています。その背景には、どんな理由があるのでしょうか。

青砥駅からワープ!

「この電車は特急『スカイライナー』東急目黒線直通、西小山行きです。停車駅は空港第2ビル、青砥、青砥からワープして武蔵小杉、大岡山、終点の西小山です」

 京成トラベルと京成電鉄が2021年5月29日(土)に開催した、「京成電車大集合!『宗吾車両基地見学ツアー』」での一場面です。

Large 210531 skyliner 01

拡大画像

宗吾車両基地に到着した「スカイライナー」車両(2021年5月29日、恵 知仁撮影)。

 このツアーでは、東京都心と成田国際空港を結ぶ特急「スカイライナー」用のAE形電車を使った臨時団体列車に、京成上野駅から乗り込み、宗吾車両基地(千葉県酒々井町)へ直行。そこで3歳以上小学生以下の子どもを対象に、本物の「スカイライナー」車両の乗務員室に入って車内放送してみよう、というイベントが行われました。

 そこで車内に響いたのが冒頭の、東京都品川区にある西小山駅行き特急「スカイライナー」の車内放送。現実には線路の幅が違うなど困難ですが、「ワープ」を駆使して、その子の最寄り駅であろう西小山駅まで行かせてしまう思いもよらぬ発想に、自分が“大人”になっていることを実感させられました。

 この車内放送体験では、本物の「スカイライナー」車両で緊張したのか、上手く言えなかった小さな子も。空港アクセス特急の車内が、微笑ましい空間になっていました。

 ちなみにこのツアーでは、「スカイライナー」車両で宗吾車両基地へ到着した際、洗車機を乗車したまま通過してから降車場所へ向かうというレア体験も用意されています。

【懐かしの旧車や洗車体験の様子を見る】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. べつに、沖縄行きでも。ロシア行きでも、何でも良いので、内容が薄すぎます。
    こんな内容で、目黒のイメージを落とさないで。
    やっぱり、所詮、目黒は漁村のイメージと国民に全国区の漁村の知名度を再認識し上げてしまった。

    何しろ、南北線、三田線、埼玉高速は8両編成で運行していたのに、乗入れ時に、目黒線のホームが6両しかない為、都心を8両編成から6両編成に減らしての運航で、都心の利用者から大変に迷惑をおかけしている。

    いつになったら、8両に戻るんだ。

  2. 鉄ヲタはこんな小さい頃から我田引鉄なのか…
    妄想と現実の区別のつかない病人になってしまわないか将来が心配だ

  3. 成田エクスプレスやはるかの車両でもこういう企画やって欲しいですね。