新京成電鉄と京成電鉄の違いって? 陸軍演習線が「新京成線」になるまで

京成電鉄といえば、特急「スカイライナー」を運行している首都圏の大手私鉄ですが、よく似た名前の新京成電鉄という会社が千葉県にあります。京成電鉄とはどのような関係なのでしょうか。

明治生まれの「京成」、昭和生まれの「新京成」

 京成電鉄は東京都心と成田空港、千葉を結ぶ大手私鉄です。成田空港に行く際に特急「スカイライナー」などを利用したことがある、という人も多いと思います。

Large 171227 shinkeisei 01
新京成電鉄のN800形電車。京成電鉄の3000形電車と同じ形をしている(児山 計撮影)。

 この京成電鉄の京成津田沼駅(千葉県習志野市)と、JR常磐線の松戸駅(同・松戸市)を結んでいるのが新京成電鉄。名前はよく似ていますし、京成グループの会社ではありますが、一体何が違うのでしょう。

京成電鉄の子会社として誕生

 京成電鉄は、東京から成田山新勝寺(千葉県成田市)への参詣客を輸送するために、1909(明治42)年に設立された鉄道会社です。

Large 171227 shinkeisei 02
京成電鉄の3000形電車。新京成電鉄が同じ形のN800形を導入している(児山 計撮影)。

 一方、新京成電鉄は戦前に当時の陸軍鉄道連隊が線路を敷設する練習した線路敷を京成電鉄に払い下げてもらったのが始まり。この線路敷を改良し、運営を任せる子会社として1946(昭和21)年に設立した会社が新京成電鉄です。

 払い下げを受けた京成電鉄は、新路線に対し国からの補助を受けるため、線路の幅を親会社の京成電鉄と同じ1372mm(当時)とせず、1067mmの新会社「新京成電鉄」として設立しました。このとき「将来京成電鉄株式会社より会社の合併又は本鉄道の譲渡について申入のあった場合は拒むことを得ない」と、免許には将来の京成電鉄への編入も視野に入れていました。

 しかし後に法が変わって補助が切れ、線路の幅も親会社と同じになった後も、京成電鉄は都心直通プロジェクトなど大型案件を抱えていたほか、後に京成電鉄の経営危機もあったため合併などがされることなく、新京成電鉄が独自に沿線開発を進めて現在に至ります。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171227 shinkeisei 04
  • Thumbnail 171227 shinkeisei 01
  • Thumbnail 171227 shinkeisei 02
  • Thumbnail 171227 shinkeisei 03

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 「8」の由来が末広がり云々というのは後になって言われたことでしょう。番号が親会社の車とダブらないように、京成のモハ750形と京成生まれで新京成に譲渡されたモハ1100形の間の空いていた番号を与えたという経緯があります。新京成初の自社発注はモハ800形・サハ850形ではなく、その前年の昭和45年に旧型車の部品を流用して東急車輌で造られたモハ250形・サハ550(当初クハ550)形なんですけどね。

  2. 払い下げを受けたとき、京成電鉄は都営浅草線との直通運転という大プロジェクトを抱えていた

    敗戦直後にそんなプロジェクトなどないですよ。
    なぜ別会社にしたかといえば、1953年まで生きていた地方鉄道補助法による国からの補助を受けるためです。したがってこの法が鉄道軌道整備法と代わって新京成が助成対象の鉄道から外れることになった時点で、軌間を1067mmから親会社の1372mmに変更しています。

    • ご指摘ありがとうございます。
      修正いたしました。

  3. タイトルの『陸軍演習線から新京成になるまで』
    それならば中間の経緯すっ飛ばしすぎてるような気が。

    それはそうと新京成の線路幅ですが、
    補助金とは別の説で、
    馬車軌(1372mm)で認可されなかったという話もありますね。
    地方鉄道法で認められずそうしたと。

    あと馬車軌の改軌は補助金切れというより京成乗り入れと公式にはなっていますね。
    その後は標準軌になるものの
    実は京成より早く、
    これは京成の改軌するにあたり実験したという説が有力ですね。

  4. それより京にも成にも行かないのに「新京成でいいや」となった理由が知りたい