ついに初公開! ANA「鬼滅」デザイン機の全貌とは? 見た目も機内も”全集中”の特別仕様

ANAからデビューする『鬼滅の刃』特別塗装機。外観と機内が初めて報道陣に公開されました。担当機はボーイング767-300ER国内線仕様機「JA616A」です。

1月31日デビュー予定

 2022年1月末にデビュー予定のテレビアニメ『鬼滅の刃』のキャラクターが胴体に描かれたANA(全日空)の特別塗装機「鬼滅の刃じぇっと -壱-」。就航直前となる1月29日(土)、ついにその全貌が公開されました。

Large 01

拡大画像

報道陣に公開されたANAの「鬼滅の刃じぇっと -壱-」(2021年1月29日、乗りものニュース編集部撮影)。

 この特別塗装機は、2021年12月から始まったANAと『鬼滅の刃』とのタイアップ企画の一環。同機の定期便デビューは31日のNH241便(羽田7時25分発→福岡9時30分着)の予定です。そこから2月15日までの期間は、固定スケジュールで運航され、羽田~伊丹、福岡、新千歳線へ投入されます。なお、担当機はボーイング767-300ER国内線仕様機「JA616A」です。

 デザインには、炭治郎・禰豆子(ねずこ。正しい表記はネ+爾)・善逸・伊之助など、同アニメの主要キャラクターたちが登場。左右で異なったデザインとなっており、塗装に使用されたデカールの大きさは、胴体片面につき高さ3m、長さ32mにもおよびます。特別塗装をまとう作業は8日を要しました。

【写真レポ】ANA「鬼滅」ジェットを徹底解剖(39枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント