209系電車がデビューした日 京浜東北線に登場した新世代車両 -1993.2.15

29年前の2月15日、JR東日本の新型通勤電車「209系」が営業運転を開始しました。

革新的な開発コンセプト

Large 220114 209 01

拡大画像

かつて京浜東北線を走っていた209系電車(画像:写真AC)。

 1993(平成5)年の2月15日、JR東日本の新型通勤電車「209系」が京浜東北線と根岸線で営業運転を開始しました。

 当時、国鉄の通勤電車を支えた103系電車が老朽化し、一斉に更新時期を迎えることから、新たな通勤型車両の投入が求められていました。

 新車両の開発コンセプトは従来と全く異なる「寿命半分・価格半分・重量半分」というもの。技術革新が日進月歩で進む中、製造・維持コストを抑え、省エネ化や性能アップをいち早く取り入れられるよう、短いサイクルで車両を置き換える方針へ舵を切ったのです。

 試作車である901系がまず試験投入されたあと、翌年の1993年のきょう、量産車である「209系0番台」がついに投入されました。前面いっぱいにガラス窓を配置したフォルムとVVVFインバーターが奏でる宇宙的なモーター音、LEDによる「次は 蒲田」などの車内表示器は、人々に「新世代」の印象を与えました。

 その後、209系はさまざまな派生形式が生まれ、多くの線区へ導入されていきました。一方で、最初から「寿命半分」として作られた宿命から、京浜東北線では早くも更新時期を迎えつつありました。

 登場から17年経った2010(平成22年)に、京浜東北・根岸線の209系は引退。E233系が跡を継いで現在に至ります。他線区の209系電車も徐々に置き換えられて数を減らし、房総地区や八高線などに残るのみとなりましたが、それらも運用終了の時が近づいています。 

【了】

【色々な路線で活躍した「209系」の思い出】

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 八高線の209系3100番台はりんかい線70-000系の改造車です(500番台はJRの別路線から)。

  2. 現在は見た目が「走ルンです」な車両が多いと思う。
    三田線の新型もそうだが一目見て「無機質、無個性、安っぽい」
    鉄ヲタが歓喜するだけで一般の乗客からすれば何の感情も沸かない。