暴風雪 JR線は22日も始発から運休多数 札幌発着の特急は終日 東日本は?

猛吹雪の影響が広範囲です。

JR北海道、21日に続き22日も運休

 2022年2月21日(月)は北日本を中心に暴風雪が吹き荒れ、たとえば北海道ではほとんどのJR線が運休。明日、22日(火)の運行予定もJR北海道やJR東日本が発表しています。

Large 220221 yukirail 01
除雪を行うモーターカーのイメージ(画像:JR北海道)。

 JR北海道は、明日も除雪作業・安全確認に時間を要しているため、始発より運転を見合わせるとしています。札幌駅を発着する特急列車は全て終日運休。千歳線の札幌~新千歳空港間については、昼頃の再開に向けて作業を進めているということです。

 21日はJR東日本の列車にも大きな影響が出ています。同社秋田支社によると、羽越本線については、酒田~羽後本荘間で始発から8時頃まで運転見合わせ、羽後本荘~秋田間では一部列車が運休します。このほか、奥羽本線、五能線、花輪線などで朝を中心に一部列車の運休あるいは区間運休が発表されています。

 またJR東日本新潟支社も、羽越本線の村上~酒田間、上越線の長岡~水上間、飯山線の越後川口~十日町間、只見線の小出~大白川間で始発から12時頃まで運転を見合わせるとしています。飯山線の十日町~森宮野原間、只見線の大白川~只見間については終日運休です。

 運行予定は天候により変更されることがあります。JR各社は、列車を利用する際には最新の運行情報や気象情報に注意するよう呼びかけています。

【了】

【また…】雪と戦うJR北海道 2月の大雪を写真で見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント